読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめき分類学研究室

6世代で1700~1800で戦っていたトレーナーです。書きたいことを更新していこうと思います。月1更新目指します。最近はラブライブ!が多い・・・

12/27 Aqoursクリスマスミニライブ 夜の部参加レポ

いよいよ俺のクリスマスが始まった!!!

 

f:id:cacao_poke:20161228235553j:plain

クリスマスミニライブの夜の部に参加してきましたのでそちらのレポートを書いていきます。

配信もあったので細かいところを省きながら現地の雰囲気を伝えたいと思います。

 

私の予想セトリはこちら↓↓

cacao-poke.hatenablog.com

 

 

まずは、入場前について。

今回のミニライブは幸運にもいつも遊んでいるオタク仲間を含めて3人で参加できました。当選番号順に本人確認があり、入場順を決めるというイベントがありました。この本人確認で結構突っぱねられる人が多かったようなので転売対策はかなり厳重なものとなっていました。(おかげで思ったよりも会場はゆとりがありました・・・)

オルスタイベントということで席は自由なので3人で一緒に見ようということにもちろんなり入場順頑張って近くのを引こうと決心し、一度解散に。

無事3人とも近い番号を引けたためほとんどタイムラグなく入場できました。

今回のミニライブは当選者限定物販もあり、既存CDを購入することで限定ポストカードが貰えるというものだったのですが、これに並んでいると開演に間に合わないという情報を入手したため諦めて良席を狙いにいくことに!

狙いはステージ左側の前方ブロック後方でした。

無事に前から15列目くらいでばっちりメンバーが見れる位置を確保できました。近いのなんの。

開演まで45分ほどあったのでロッカーに荷物を入れたりトイレに行きつつ30分前から場所で待機。

µ'sの時同様開演前は色々な曲が流れていました。放送直後に未熟が流れていたのはそのためです。ライブ慣れしていない人が多かったようで開演前からブレードを振っている人は少なかったですが、恋アクやらユニット曲やらアニメ曲がたくさん流れていたので3人で構わず振って練習していました。夢で夜空を照らしたいのときは最初は振っている人が少なかったのですが、しだいにみんなオレンジを振ってくれるようになりすごく綺麗でした。恋アクの色変えとかも結構成功に近かったと思います。

そうこうしているうちにいよいよ開演時間となりました。

意外にもスペースに余裕がありもみくちゃになることはありませんでした。普段のアリーナよりもスペースがあったと思います。

 

~開幕~

クリスマスを連想させるオシャレなBGMからAqoursメンバーがジングルベル衣装を着て一人一人ポーズをとりながらの登場。可愛すぎて死にかけた・・・

可愛さに見とれていると暗転から始まった曲がこちら!

 

1、青空Jumping Heart

みーたーこーとーない、夢の軌道ー。おいかーけてー♪

の出だしでボルテージはいきなり最高潮に!

楽しすぎてほとんど覚えてません!!TVサイズだったので気づいたら終わってしまっていたのがすごく残念でした。はやくフルで見たいですね!

 

2、ジングルベルがとまらない

今回のイベントのメイン曲ですね!

杏ちゃんの「Aqoursのクリスマスライブ、楽しんでいってねー!!」でスタート!!

上がりきったテンションがさらに上がりましたw

ジングル衣装で見れるこの曲はもう無いんじゃないかなと思ったので目に焼き付けました。すごく楽しい曲でした。可愛いし楽しいし、最高な一曲でした。

オチサビのコーラスのところは学年順に並ぶという演出でしたが、すごく神々しかったです・・・

しゅかしゅーとりきゃこの振り付けが可愛すぎた・・・

 

興奮冷めやまぬまま始まった曲が・・・

3、AqoursHEROES

演出がすごかったですね。スポットライトや照明を駆使した演出でこちらのテンションもますます上がっていきました。

披露済みの曲なのでみんな楽しくコールしていました。

ニコ生で見慣れていた曲ではありましたが、いざ目の前でやってもらえるととんでもなく楽しい曲でした。誰でもノリやすい一曲ですね。

個人的な瞬間最高ボルテージを観測したのは、あいきゃんの「ひ・み・つなーんだ」とすわわの「は・や・く?」のとこですねw

特にすわわパートでは一度目の昇天を迎えました。

最後の正拳つきの振り付けもすごく可愛かったです。 

ここまでの3曲楽しすぎて死ぬかと思いました!喉は死にましたw

 

~MC、コーレス~

個人的にAqoursにお会いするのは初めてなのでしっかりと目に焼き付けたのですが、みんな可愛い・・・ニコ生よりもやっぱり実物なんだなと実感いたしました。ありしゃとりきゃこが美人すぎましたし、すわわはやっぱり可愛かった・・・

初めてのコーレスですごく楽しかったです。かんかんみかんはかなり癖になりますねw

そして!ついに!生声の!ハグしよ!!

リアルにああぁぁと声が漏れて2度目の昇天を迎えました・・・

 

テンション最高潮な中、披露された曲がこちら。

4、待ってて愛のうた

初披露曲です。MC終わりに杏ちゃんが

豊洲PITまだまだいけるかー??次の曲も盛り上がっていくぞー!!   

(まじめな顔になり)”待ってて愛のうた”」

この入り方ずるくないですか?

また、ここでジングル衣装を脱いで青ジャン衣装に早着替え。アップテンポで盛り上がる曲から一転してバラードに。

この曲は発売直後から心打たれた人が多いのではないでしょうか。僕もその一人ですw

イントロが始まった瞬間みんなやばいって・・・と言ってましたw直前まですげぇテンション高かった仲間は泣いて黙り込んでいましたねw

クリスマス(ではないが・・・)のこの季節にこんな曲を目の前で歌われたら本当にグッときますね・・・

かなり聴き入っていました。今回のライブで一番感動した瞬間でした。各キャラのソロパートかなり生歌やばいです。

 

しっとりとした会場の雰囲気を一瞬でぶっ壊したのが次の曲!

 

5、Pops Heartで踊るんだもん!

BD1巻特典曲です。まさかここで初披露とは・・・

アップテンポですごく楽しい曲ですが、歌詞は大変切ない曲ですね。楽しくて一日が短い、まさに楽しすぎてミニライブがここまで一瞬でした。いつやるかわからないので一人でずっとコール練習してた甲斐あり、完璧に楽しむことができました。

本当にいい歌ですね。

 

6、ハミングフレンド

これも披露するとは思いませんでした!

聴いててもノってても楽しい曲でした。

出だしの3年生パートやばすぎた!振付可愛すぎる・・・

楽しいしさわやかな気持ちになれた良いライブでした。

 

~MC・お知らせ~

スクフェス情報やバースデー企画などの情報がありました。諏訪さん何もってるの??の流れが可愛すぎました。

そしていよいよ待ちに待った瞬間が!!

 

3rdシングル情報!!

やはりきましたね。果南推しの僕としましては本当に待望の初センター!

 

HAPPY PARTY TRAIN

 

すごく楽しそうな曲ですね。春っぽい曲であったりPVでは果南が色々表情を見せてくれるということで期待しかないです!

ちやほやされて照れるすわわが可愛すぎました。

 

杏ちゃん「残り、2曲となりました!」

え、早!体感10分なんだけど!

 

「ジングルベルがとまらない!のリリースイベントなのにまだやってない曲がありますよね??」

終わらないでほしいと思いながら始まった曲はこちら!

 

「愛をこめて、歌います。”聖なる日の祈り”」

3度目の昇天。

 

7、聖なる日の祈り

この曲は本当に楽しみで生で聴いたら本当に死ぬんじゃないかとか思ってました。演出もかなり気合が入っていてミラーボールで会場全体が雪化粧のようになっていました。ブレードも振るのを忘れて聴き入っていました。ブレードもみんな白色にして美しかったです。

かなまりでハートを作る振り付けで死にました。

そしていよいよ大サビへ!

言葉が出ませんでした。楽しみにしてた甲斐があり本当に五臓六腑まで歌がしみ込んできました。

Aqoursメンバーからの愛を受け取ることができましたw

 

そして、いよいよ最後の曲へ。

みんな一緒に~~??

    「Aqours!」

「「「Sunshine!!」」」

 

8、君のこころは輝いてるかい?

もはや定番となった一曲。注目はりかちこのダブルセンターです。

成長は見れるでしょうか!

Aqoursの記念すべき1stシングルで発売から1年以上経っているため正直聞き飽きていたところはありました。

しかし、やはり生となると違いますね。本当に良い曲でした。

メンバーの完成度もやはり一番高かったですし、思い入れも違うというところがパフォーマンスにも出ていました。

すわしゅかの馬跳びをばっちりと見た後いよいよダブルコーラスへ。

 

疲労が目立っていましたね・・・

1stでは頑張れ!

 

最後に最高に楽しい一曲でした。

 

〜MC・エンディング〜

最後にメンバー一人一人からみなさんにご挨拶。

主な内容としては2016年、最後に最高な1日となりました!ありがとう!

的な事でした。

ふりりんのMCですごくグッときました。

 

杏ちゃん「はい!今生放送終わりました!」

 

会場は拍手喝采!

折角なので会場に来てくれた皆さんの近くに行きましょうか!ということでメンバーがステージの最前ギリギリまで近づいてくれてかなり近い距離でお別れとなりました。

その後、メンバーが一人一人舞台袖に捌けていき、現地も解散!

最高のステージでした。

 

2016年の締めくくりとして最高の1日となりました。

無料招待のリリイベミニライブとは思えないほど充実した内容で神イベントだったと思います。

今回はかなり運良く積まなくても当選したのですが、こんなに近距離でパフォーマンスも見れて、内容も充実していることが多くの方に知れた以上、今後のイベントはかなり倍率も上がることでしょうし、しっかり積んで応募したいなと思いました。

また参加したいです!

 

さて、折角なので予想セトリと比較してみましょうか。

リンクはこのページの上に貼ってあるので興味がある方は…

 

セトリに関しては半分あたりといったところでしょうか。しかし、プロが考えるセトリはやはり構成がしっかりしていてとても歯が立ちませんね。

ただ、青ジャンスタートはキャストも会場もライブに入りやすく、盛り上がれるうってつけの曲だなと改めて思いました。

2nd曲は待ってて愛のうたのみの披露でした。季節や時期的にやるなとは思いましたが、これ一曲でやるとは思いませんでしたねー。

 

あとは、衣装替えについて。

想定通りやってくれましたが、大胆な衣装替えではなくその場で脱ぐタイプでした。

ジングル衣装で三曲、青ジャン衣装で残り五曲のパフォーマンスだったのでふが、折角なのでもう少しジングル衣装を見ていたかったなぁ、と感じました!

 

以上、夜の部参加レポートでした!

1stも1日目に現地参加できるので大変楽しみです!

 

あぁ、未熟早く生で見たい…

12/27 Aqoursクリスマスミニライブ予想セトリ

f:id:cacao_poke:20161215120700j:plain

幸運にも夜の部に当選でき、待ちきれないので適当に予想セトリを組みたいなと思います。

完全に日記みたいなものです。

 

1.青空Jumping Heart

〜MC1.コーレス〜

2.君のこころは輝いているかい?

3.AqoursHEROES

4.Step! ZERO to ONE

〜衣装変え〜

5.恋になりたいAQUARIUM

〜MC2〜

6.届かない星だとしても

7.待ってて愛のうた

 

〜アンコール&衣装変え〜

8.ジングルベルがとまらない

9.聖なる日の祈り

〜MC3〜

10.夢語るより夢歌おう

 

〜エンディング〜

 

以上10曲、計二時間くらいかなと思いました。というか希望ですね!笑

 

2ndシングル曲に関しては議論の的でしょうが、個人的にはやると思います。

理由としては、2月に控えるAqours1stライブに向けた最後のお披露目の舞台であり、キャストとしては本番の環境で衣装変えなどをしたことがないのでそれのシミュレーションができるから、というものです。衣装変え中は何するかはわからないですが、また練習風景とかを流してくれるかもしれませんね!

 

ミニライブという題名なので演技のお時間であったり君のこころは繋がってるかい?ゲームなどのミニコーナーは無いかなと思っています。夜の部はニコ生があるらしいのでトークの部分は多くなるかとは思いますが!

 

それにしてもジングルベルがとまらないのジャケット衣装お披露目だとしたらもう発狂レベルですね。楽しみすぎます!

 

エンディングのところでは何か特報があるかも??

3rdシングルについて何か発表あるといいなぁ。

開幕!ポケモンサン&ムーン!

f:id:cacao_poke:20161203003507p:plain

結局ムーンを購入してしまい、卒業研究そっちのけでアローラ地方を満喫しております。

 

みなさん、アローラ!

 

ということで今月は第7世代、サンムーン一本目の記事を書こうと思います。

今月の献立はこのような感じです。

 

①厳選環境を整えよう

 

②レートは今どんな環境?

 

早速、中身に入って行こうと思います。

 

①厳選環境を整えよう

まずは、厳選に必要なアイテムを確認していきましょう。

1、高個体値メタモン

2、あかいいと

3、かわらずのいし

上記3つは卵ふ化による厳選用、シンボルポケモンの厳選に必要なのはシンクロケーシィ、状態異常ポケモン、みねうちポケモンですね。

では、まずメタモンについて触れていきます。

今作は新機能として仲間を呼ぶという機能が追加されました。この機能により野生ポケモンにおいて連鎖というものが発生し呼ばれたポケモンを倒していくことで連鎖数が加算されていきます。31連鎖以上で4V以上のメタモンが確定で現れます。

最短メタモン連鎖法を確立したのはとある実況者さんですのでそちらを検索していただければ詳しいやり方は出ると思いますので簡単に触れます。

みねうち+みがわり+攻撃技を覚えたアブソルorニューラ、リサイクルのみを覚えた"あくしゅう"のヤブクロン、すりかえを覚えたスリーパー(殿堂入り後ならば野生で出ます)、ヒメリのみ、ビビり玉です。方法としてはヤブクロンに変身させてその後スリーパーでヒメリの実を押し付けます。するとリサイクルでヒメリのみを食べることができるようになるのでメタモンのわるあがきでの退場を防ぎつつ安全に連鎖を重ねていけるというものです。考えた人はすごいですね。

 

②あかいいと

さて、問題はここですね。

入手方法は二通りあり、ものひろい運頼みかバトルポイント(以後BP)48ポイントとの引き換えです。BPはロイヤルドームか殿堂入り後に解禁されるバトルツリーで稼ぐことができるようになります。ものひろいに頼る場合は手持ちを戦闘用ポケモン1匹と5匹のものひろいポケモンヨーテリーニャース)でひたすら野生ポケモンとバトルします。にげるは無意味です。正直これは辛すぎました。

もう一つのやり方であるBPはツリーで稼ぐのがおすすめですが、ツリーはツリーで旅パではきつい!

ツリー攻略のために厳選済み個体が必要なレベルです。最悪、あかいいとを取るために48勝すればいいのでこちらの方が堅実と言えば堅実です。1匹でも厳選個体を育成できればだいぶ楽になります。BPはレート対戦をするうえで重要なアイテムの交換に必要なので頑張りましょう!

ではどんなポケモンで挑めばいいの?という話になるわけですが・・・

おすすめとしてはまずはガブリアス。あかいいとをもっていなくても最悪攻撃と素早さの個体値と性格だけ粘れば最低限の仕事をしてくれる神ポケです。努力値はパワー系もポケルスもないと辛いですがそこは辛抱しましょう。次にフーディンです。後述しますが様々な性格のシンクロのケーシィを卵ふ化すると思います。そのついでに厳選しようという話です。あとは唯一ストーリー中にメガストーンを貰えるポケモンであるということです。メガ進化はやはりできるできないで大きく変わります。たかがフーディンされどフーディンです。扱いやすかったです。残り1匹は何でもいいと思いますが、僕はウツロイドを使いました。

 

③かわらずのいし

イリマとの再戦で入手できます。一番楽です。

 

鬼門はBP集めだと思います。少しでも役に立てばと思います。

 

②レートは今どんな環境?

12月3日現在、82戦レート1661(1500位くらい)ですが、環境調査報告をしようと思います。

 

カプ系とウルトラビースト環境である、ということは間違いないです。

特にカプ・コケコとカプ・テテフ、ウツロイド、テッカグヤが非常に多いです。このうち2匹はどのパーティーにもいると言っても過言ではありません。

他のカプ系、UBは同じくらいの割合で見かけるといった具合です。

これらのポケモンの周りを固めるように入れられているポケモンガブリアスメガボーマンダギルガルドメガメタグロス、メガギャラドスが特に多い印象です。今作からの仕様変更によりメガ進化前でもメガ進化後の素早さが適応されるという風になりメガボーマンダメガメタグロスは数を増やしている印象です。ガブリアスは環境が変わってもとりあえず強いということで相変わらずの使用率。メガギャラドスステルスロック環境ではないこと、ミミッキュが異常に流行っていること、ギルガルドに強いということから多くのパーティーに採用されています。ミミッキュというポケモンは特性ばけのかわによりどんな技でも一発まで"ダメージを無効"にすることができます。追加効果は適用されるという点に注意しましょう!必ず何かしら仕事をするミミッキュ対策としてかたやぶりであるメガギャラドスが対策として入れられています。6世代まで猛威を振るっていたメガガルーラファイアローはめっきり姿を消しました。教え技がないということが大きく響いているようです。7世代の目玉であるZ技は誰が使ってくるかわからないという点で意表を突かれます。

 

では、このような環境を現在戦っている僕のパーティーを紹介しようと思います。

 

エース①

クワガノン@チョッキ

ポケモンです。発表された時から使いたいと思っていました。

性格れいせいHCぶっぱ、残りBです。技構成は10万ボルト、むしのさざめき、めざ氷、ラスターカノンとなっています。

トリックルーム下でのエースとなっています。

耐久もなかなかあるので繰り出し性能も高いです。

 

エース②

メガガルーラ

6世代の王です。僕は遺伝子レベルでこのポケモンを使いこなせないのですが環境がよくわからない中でも雑に強そうということで採用しました。

いじっぱりASぶっぱ残りHです。技はねこだまし、おんがえし、ふいうち、地震です。やはり雑に強いですが、教え技がない分技の選択肢がかなり狭いと感じました。実際使用率も低いと思います。

 

ミミッキュ@妖精Z

マスコット枠→トリル起動要員

ばけのかわを利用して確実にトリルをする役割。いじっぱりでHA振り残りBです。かりょくはじゃれつくでガブリアスを落とせないレベルなの過信してはいけません。ときどき見かけるぺリグドラの並びにはめっぽう強いです。

技はトリル、じゃれつく、シャドークロー、かげうちです。

 

エンニュート@へどろ

相棒枠。特性が面白いので採用。

 

流行りのガブ、ギャラ、マンダのカモ。後続への負担がしんどい。しかし、ミミッキュ、ギルガルド、ポリゴン2などに強く、さらに主要カプにはそれなりに強いという強みがあります。

性格は臆病でH161調整、Sぶっぱ、残りDとなっています。火力アップアイテムもち以外のカプコケコの10万をエレキフィールド込みで確定耐えし、返しのヘドロウェーブで確定1発です。

 

メガフーディン

ツリー用の流用です。基本選出しませんが刺さるときは刺さる!

 

CSぶっぱ、残りD。サイコキネシスきあいだまエナジーボール、めいそうです。アンコールとかなしばりは遺伝経路があるのか不明なので遺伝させませんでした。役割は上から殴ることです。以上。

 

以上の6匹で戦ってきましたがそろそろ限界を感じたのと、環境調査はもういいだろうということで本格的なパーティーを現在育成中です。

 

みなさんも厳選環境、育成環境を整えてたくさんバトルしましょう!

 

【ポケモン紹介】バンギラス【6世代】

いよいよ7世代、サンムーンに移行しようとしています。

6世代の最後の更新記事として相棒ポケモンであるバンギラスの紹介をしておこうと思います。

 

バンギラス種族値

f:id:cacao_poke:20161102230330p:plain

有名な600族であるバンギラス種族値配分は以下の通りです。

HP:100

A:134

B:110

C:95

D:100

S:61

また、メガ進化すると以下のようになります。

H:100

A:164

B150

C:95

D:120

S:71

実にいい配分です。例えば、努力値をHぶっぱするだけでガブリアス地震を耐えたりします。また特性すなあらしの効果によりD種族値も実質1.5倍となり物理、特殊耐久の両立も可能となっています。メガ進化後は一回竜の舞をすることによって130族を抜くことができます。これは非常に大きいですね。

 

ここからは6世代で使っていた型、よく見たテンプレの型を紹介していこうと思います。

①起点作成型

主にバンドリと呼ばれるドリュウズと組み合わせた並びです。ドリュウズの全抜きをサポートするための起点作りの役割を担います。

持ち物:さらさら岩

性格:ずぶとい(がいいかなと個人的に考えています)

努力値:HB252、残りどこか

わざ:ステロ(確定)、残り→でんじは、れいとうビームなどから選択(環境やパーティーに合わせよう!)

ステロダメージや砂嵐ダメージなどのスリップや攻撃技でドリュの全抜きを妨げてくるポケモンを削りたいです。ミトムやギャラドス、霊獣ランドロスなど。大体相手の先発にランドやガルーラが来るので起点にされないようにこころがけたい。

相手に耐久ポケモン、天候ポケモンがいて8ターンの砂で決着がつかなさそうな場合はバンギラスは丁寧に扱いましょう!

 

②受け

高い耐久値を持っているのでもちろん受けポケモンとしても機能します。

1、受けループの対ゲンガー枠

受けループ界隈では長い間ループできなくなるためメガゲンガーの対策に頭を痛めていたそうです。そして一つの答えにたどり着いたそうです。それが以下のバンギラスです。

持ち物:ラムのみ

せいかく:しんちょう

努力値:HD252残りA

わざ:おいうち、ほえる、かみくだく、がんぷう

相手のパーティーにゲンガーがいるだけで選出確定となる枠。鬼火対策のラム。逃がさないためのおいうち、HS振りのきあいだまを耐えるためのしんちょうHD、かなしば対策の悪技2ウエポン。といったように徹底的にゲンガーメタを施しています。ゲンガー以外への汎用性は著しく低下しますが、ここまでしないとゲンガー一匹で崩されていたという環境を打破しなければいけなかったようです。このバンギラスが開発されて以降みがわりゲンガーが増えたのでバンギラスをみがわりがないゲンガーと対面させないといけないという丁寧な立ち回りをしないといけなくなり、プレイングが高度化したように感じました。(受けループ1700感)

また、別の項目で紹介しますがスカーフバンギが採用されることがあるようです。

 

2、バンギムドー

バンギ+エアームドの並び。パーティーや環境によって努力値振り、技構成が変わるのでテンプレはないと思いますが、基本的な考えは特殊攻撃をバンギラス、物理攻撃をエアームドで対処しつつどちらかでステロやどくどくを撒いて削っていくというものです。基本的にバンギラスに回復ソースがないので立ち回りには気を付けたいです。

 

③全抜き

1、メガ進化

耐久の向上、S上昇により使い勝手はよくなったと感じます。Sが71になったことが極めて重要でこれにより一回りゅうのまいをすることでメガゲンガーを抜くことができます。このためには性格をようきにしないといけないため、全抜きのためには火力が足りないと感じることがあるかもしれません。

持ち物:メガ石

性格:いじっぱりorようき

努力値:ようきならSぶっぱ、意地っ張りの場合は役割に合わせてりゅうまい前提の調整

わざ:りゅうのまいかみくだくストーンエッジまで確定、残りは範囲を取るためにけたぐり、れいパン、地震の3ウエポンから選択、もしくは異常状態を嫌うのであればみがわり。但し、誘うフェアリーに対してみがわりでは有利を取れないので何とも言えません。

 

2、バトンエース

・俗にいう"バシャバンギ"の並びです。加速+ビルドバトンで全抜きを狙います。使っ

たことないのでわからないですけど2加速後スカガブ抜きとかですかね。

持ち物:ラム 珠や残飯もあり??

性格:いじっぱり

努力値:調整

わざ:メガ同様エッジ、かみくだく、れいパン、みがわり、じしん、けたぐりから選択

 

さて、バシャバンギギミックで有名なのはもう一つ。

・純正筋肉バンドリ

純正と呼ぶのは個人的な理由です。僕がレート1995に乗せたときに使用していたギミックです。そのときの構築記事も載せておくので参考にしてください。

cacao-poke.hatenablog.com

 読むの面倒な方のために簡単な説明をしておくと、バンドリ+バシャガッサピクシー+化身ボルトという構成のハメバトンです。バシャバトンでポイヒガッサかてんねんピクシーにつないでいきます。これを通せない場合に登場するのがバンドリです。純正の筋肉バンドリではバトンの受け先としても使えるように調整が施されています。このバンギラスの役割としてはバシャガッサがきついアローの受け先が主です。性格いじっぱりで努力値は素早さラインが2加速後最速ガブ抜き、H252残りA。持ち物はさらさら岩、技はがんぷうかみくだくれいパンステロです。この型はバトン後は強いのですが、筋肉バンドリを見て出てくるメガマンダやHDおにはねアローに対して威嚇後のれいパンでマンダを倒せない、鬼火受け後のがんぷうでアローを落とせないなど苦手な対面が多かったので、以下の型を個人的に開発してみました。

性格:ひかえめ

持ち物:シュカのみ

わざ:れいとうビームあくのはどう、げんしのちから、どくどく

努力値:Sラインが2加速後ガブ抜き、残りHC

細かい意図は筋肉バンドリの記事を参照してください。また、この型を持ち物イバンのみ、どくどくを別の技に変えて広範囲アタッカーとして他のパーティーでも流用できます。主なイバン発動圏内被ダメとしてはガブリアスの火力上げアイテムなしの地震メガガルーラのおやこあいグロウパンチ地震などです。イバンにすると鉢巻以外のガブに勝てるというメリットがありますが、他のアイテムでもいいと思います。

 

以上、6世代で見かけた主なバンギラスたちでした。

他にはスカーフや鉢巻、珠などもいますがパーティーや役割でだいぶ変わるので割愛します!

6世代は2年間という長い期間あり、環境もめまぐるしく変化し色々なポケモンが多くの役割を持ち様々な開拓が進んだ面白い世代だったと思います。結論パと言われたガブガルゲンボルトスイクンの並びは中盤で開発されましたが最終シーズンではあまり見かけなかったように思います。これもポケモンの面白いところですね。残念ながら5世代では使用率上位に必ずいたバンギラスですが、6世代ではあまり日の目を浴びることはありませんでした。

7世代ではどのような使われ方をするのか楽しみですね。

果南梨子アワード!!

こんばんは!

アニメ一期終了、さらにセブンイレブンイメージガール総選挙、第2回センター総選挙で盛り上がっていますね。これに便乗して、果南と梨子推しなのでアニメ放送話の各話におけるベストオブ果南とベストオブ梨子を決めたいと思いますー。

主観で決めていきます!

 

第一話

まずは果南から。

f:id:cacao_poke:20161006220128p:plain

ここですねぇ。幼馴染のお姉さん感が素晴らしい!ということでこのシーンが受賞です。次点は小原家でしょ。のあのシーンでした。

 

それでは、梨子にいきたいと思います。こちら!

f:id:cacao_poke:20161006220915j:plain

ここですね。飛び込んだ後、µ'sを見せられているシーン。普段は大人っぽい顔つきなのになぜかすごく幼く描かれています。可愛い。次点は、困惑顔でHand in Handを踊っているシーンです。

以上、一話のアワードでした。異論は認めます。

 

第二話

 梨子の加入回!悩みますねぇ。悩みつつまずは果南からいきましょう。

f:id:cacao_poke:20161006221518j:plain

あまりに出番が少ない!笑

強いて言えばこのシーンでしょうか。海の音を聞きたいという梨子の相談に乗っているシーンですね。頼れるお姉さん感が良い。

というか今後しばらくは頼れるお姉さんという感じしか出せていないように思えます笑

 

さて、梨子にいきましょう!こちら!

f:id:cacao_poke:20161006221855j:plain

やっぱり加入の手を合わせるシーンは王道すぎて他のシーンからチョイスしてみました。なんとなくこのあずき飲んでるシーンがとても好きです。都会っ子っぽさがあまりないといいますか。決め手は原宿で飲んだあずきスムージーがおいしかったことと、このシーンをモチーフにしたブロマイドが可愛かったからです!以上!決して加入回が可愛くなかったわけではないのであしからず。

 

第三話

これまた果南が難しい・・・

なぜならばこのシーンしかないからです。どうぞ!

f:id:cacao_poke:20161006222649j:plain

たしか、私たち輝きたい!と2年生が宣言した直後のシーンだったかと思います。少しはっとしているように見えます。幼馴染達の初ライブだというのになぜ中で見なかったのか、表情もほとんど変えないのかなど謎が多いシーンでした。私服可愛いっすなぁ。

 

さて、梨子です。こちら!

f:id:cacao_poke:20161008001914j:plain

変顔枠確定w 一時はこれでキャラ崩壊したと思って推すのをやめるところでした・・・

今となっては良い思い出ということでここをチョイスしました。次点はやはり私たち、輝きたい!のところですね。

 

第4話

ここも唯一の出番は息を切らさず淡島神社を走りぬくというシーンのみ。

f:id:cacao_poke:20161009222209j:plain

ということで梨子の発表です。

こちら!!

f:id:cacao_poke:20161009222400j:plain

顔はよく見えないですが、花丸加入時のセリフが自分の決心や凛の決心を踏まえた内容となっていてとてもよかったのでこのシーンにしました。 四話すごく良かったですね~。次点は、歌詞を提出してくれない千歌に小言を言うシーン。

 

第5話

果南出番なし・・・

ここまででセリフ全然なくて悲しいw

 

というわけで梨子はこちら!

f:id:cacao_poke:20161009223048j:plain

 これのあと「やってしまったわ・・・」と言っているシーンでした!

なんだかんだでノリノリでスクールアイドルしてるの可愛いですね。次点はあの大ジャンプですかねぇ。

 

6話

果南再登場。

f:id:cacao_poke:20161009223445j:plain

ここですな!!

ロリ3年可愛い。って思ってましたが、後々このシーンがあのシーンとつながるとは思いませんでしたなぁ。可愛さや舞台裏的なことでこのシーンにしました。あとは海開きの準備でジャージ着てる果南がありました。次点で、びちゃびちゃウェットスーツで鞠莉の部屋に来たところですね。

 

さて、この回でのベストオブ梨子はこちらです。速攻で決められましたわw

f:id:cacao_poke:20161009223926j:plain

色々なシーンが凝縮された回でしたが、個人的にはここ一択ですね。

この曲って作画とかPV構成とかすごいですよね。最後の千歌とか作画すごすぎ。

久々に美人さんだな、ということを再認識できたのでこのシーンとさせていただきます。

変顔枠と錯覚してました。

 

 

ん?錯覚??

 

 

はい。

 

7話

果南出番なし・・・

しいたけより出番が少ないともっぱらの噂に・・・

 

さて、東京にやってきたこの回。

梨子といえばあれでしょう。新設定追加のあのシーン。

せーの!!どん!!

f:id:cacao_poke:20161009224911j:plain

はい、腐ってましたw

逢田さんはこういったご趣味はないようなので安心しました。

 

八話

たまには梨子からいってみましょうか。

こちら!

f:id:cacao_poke:20161011225920j:plain

王道ですがここですね。一緒に泣けるような友達は素晴らしい!

 

続いて、果南はこちら。

f:id:cacao_poke:20161011230104j:plain

可愛さだけでいえば、1年生時代のじゃれあいのシーンなのですが、今回は次回にもつながっていくこのシーンにしました。鞠莉の方がポイント高いシーンかもしれませんがw

ここのスルーは見てる側もきつかった!しかし、徹底して鞠莉を拒絶しようとする演技をしている果南が一番辛いでしょう。

 

9話

この話はw

お楽しみは最後にするとして梨子からいきましょう。

正直3年生しか見てなくて梨子のシーン全然覚えてないんですけど。

こちら。

f:id:cacao_poke:20161011230751j:plain

 千歌ちゃん、変わったね。と曜と話しているシーン。千歌のことが大好きな二人の良いシーンでした。

 

はい、本番はここから!

まぁ順当にいくならここでしょう。

f:id:cacao_poke:20161011230951j:plain

このシーンは絶対はずせませんね。鞠莉と決着がついたシーンでした。

この回は今までの出番が少ない分、色々な表情の果南が見れてとても良かったです。

笑ったり怒ったり照れたり泣いたり。

このシーン以外にも色々好きなシーンがあるので決めきれません。

 

思い出すだけで泣きそうw

 

10話

この回の果南さん、グラマラスなシーンはこちら!

f:id:cacao_poke:20161012215052j:plain

すわわも認めるナイスボディ!

これは文句なしですね。

果南さん他の3年生からセクハラされすぎじゃない?笑

 

次は梨子さん!

どん!!

f:id:cacao_poke:20161012215401j:plain

このカット本当美人。

突然千歌に告白するという大胆な一面を見せてくれました。

そろそろ物語もクライマックスへ!

次の話に行きましょう。

 

11話

友情ヨーソローです!

果南がまさかのお姉さん枠を鞠莉にとられてしまうという失態。

そんな果南のこの回のベストシーンはこちら!

f:id:cacao_poke:20161012220619j:plain

私はこの時かなよしの可能性に目覚めた・・・

アニメ中ではこの二人は意外にも常識枠??あの二人が理事長と生徒会長で大丈夫?私もそう思う。という何気ない会話でしたが、なんかすごい好きだった!

 

さて、この回の主役の一人である梨子さんです。

こちら!!

f:id:cacao_poke:20161012221131j:plain

自分が絡んで生じたいざこざを解決するシーン。曜と千歌のお互いのぶつけられない気持ちの受け手として素晴らしい活躍をしてくれたと思います。

梨子またそれだけ二人のことを考えていた、ということですね!

次点は千歌と曜のスマホ画面に写る梨子でした!その写真、こちらに回しなさい。

 

12話

果南の選定にすごく迷いました。

冒頭の緊張して走り出す果南、刺身持ってくる果南、ダイビングスーツ脱ぎだす果南、鞠莉からセクハラされる果南・・・

さぁ強豪揃いの中勝ち抜いたシーンはこちら!!

f:id:cacao_poke:20161012222713j:plain

梨子もこのシーンです!

0から1を目指すことを決めたシーン、µ'sとは別の道を行くことを決意しシーンだけあって作画が凄いです。

みんな良い顔や・・・

 

13話

いよいよ最終話までやってきました。

文面ではあっという間かもしれませんが、これまとめるのに結構時間かかっています笑

もう一息・・・

 

気を取り直して果南から行きましょう!

こちら!

f:id:cacao_poke:20161012223741j:plain

いやぁ、このシーンはあかんかったですなぁ・・・

あの時おいてきたものをもう一度取り戻そう!

 

結局王道シーンに落ち着きました。次点はMIRAI TICKETの投げキッス果南でした!!

 

では、ラスト!梨子にトリを飾ってもらいましょう。

こちら!

f:id:cacao_poke:20161012224047j:plain

 千歌のアドリブにびっくりしている曜梨子でしたw

きょとん顔が可愛い、ただそれだけ!!

 

 

はい、ここまでお付き合いいただいた方はありがとうございました。いかがだったでしょうか?

みなさんの推しキャラアワードも是非決めてあげてください!

画像を集めたり、まとめるのが辛すぎたので2期はやらないかも・・・笑

 

さて、セブンイレブンは梨子が獲り、第2回総選挙も果南が中間2位とかなり健闘、大躍進しております。

応援よろしくお願いいたします。

それでは!

ラブライブ!サンシャイン!!みんなで上映会inLV感想

こんばんは。

最終話を急きょ、みんなで上映会のLVで見ることになったのでそちらのレポートをメインに最終話の感想、1期の総評をしてみようと思います。

 

~20:30 開幕~

キャスト登場!今回のみんなで上映会は10話~最新回13話を見るという会。担当は3年生キャストでした。とりあえずあいさつとしてコール&レスポンスからスタート。

生ではないけどすわわの「よし!ハグしよ!」を見れたのでもうこの時点で元は取れました。ダイヤさんは難しい、美しい声のダイヤッホーは僕にはできません。ありしゃさんは序盤からポンコツ全開でした。小宮あr、黒澤ダイヤ役!とう言い間違い。シャイニーお姉さんは本当にシャイニーお姉さんでした。もう少しで音割れするレベルでうるさかったw

そして10話~12話の見所を簡単にキャストが述べて上映会スタート!

 

各キャストの見所

ありしゃ:シャイ煮。はっちゃけたダイヤさんを見てほしい。

あいにゃ:嫉妬ファイアー~~~~~。を含むお姉さんらしいところ。

すわわ :水着。水着。水着。

さすがすわわw

 

10~12話の感想はすでに書いているので省かせていただきますが、劇場クオリティーでの想いよひとつになれは本当に圧巻でした。二期もあると思いますが僕が見に行きたいのでみなさん申し込みはご遠慮ください()

 

~振り返り上映終了~

キャスト再登場。ここからはキャストとともに今回の上映話を振り返っていきました。

細かいところは記憶できていませんがここ良かったねーなどを各話行いました。

さらに10~12話でキャストが最も印象に残った場面をキャストが絵にして振り返りましたw

・ありしゃ

シスコン!ルビィを甘やかしすぎることについてのお話でした。水着がルビィがへそだしのものなのに対し、ダイヤはワンピースタイプだったことが納得いかなかったようですw ここで鈴木おじさんが私もダイヤに甘やかされたい~と駄々をこねはじめますが、あなたはルビィではないから甘やかしませんと拒否。すわわがじゃあエア甘やかししてよーということでありしゃがその場面を空気相手に再現するというシュールな展開に。あいにゃがいいなぁそこの空気・・・って言ってたのがとても面白かったです。

 

・あいにゃ

嫉妬ファイア~~~~~~。これの誕生秘話?を教えてくれました。この嫉妬ファイアーのセリフをどういった風に演じるか鈴木さん自身すごく迷っていたところ、そこに杏ちゃんが現れて「民謡やってたんだからこぶし効かせてやってみてよ~。失敗してもボツになるだけだからさ~。」と言ってそれを実演したところ採用されてしまったようです。ほかのキャストはカットが出るまで笑いをこらえるのに必死だったとか・・・あいにゃ自身も笑いながらやっていたそうです。気に入っているようで実演もしてくれました。

 

・すわわ

12話で真剣に千歌と曜が話しているところに颯爽と現れてダイビングスーツを脱ぐ果南。めちゃわかります!さすがすわわ!突然脱ぎだして「今日はうちも予約0だよー」ってめっちゃシリアスなことを言っているギャップが良かったらしいです。9話までほとんどダイビングスーツか私服しか着ていなかった果南がやっと制服とか衣装とかを着れるようになったので無事に上陸できましたwというすわわ面白かったw

さらに、果南はナイスバディーだよねーというあいにゃに対し、いや鞠莉もでしょ!というすわわ。3年2人はナイスバディーなのにそういう点で触れられないとしょげるありしゃ。

 

ありしゃ「二人に嫉妬ファイア~~~~。」

 

綺麗にまとまったところで、続いては今までの挿入歌の感想。

・すわわ

 未熟DREAMER。3年生の衣装チェンジがすごい。さすがにあれは泣いちゃうよねーといったお話。

 

・ありしゃ

決めたよHand in Hand。ラブライブっぽくて好き。初めて聞いたときいよいよか~って思った。結構振付激しいよねwとかすごいCGがぬるぬる動いてる!とかそういう話でした。

 

・あいにゃ

ユメ語るよりユメ歌おう。イントロの入り方がずるいよね~。って話でした。各話の主役が歌うので毎回楽しみでした。といったお話。観客もわかるわかる~とリアクションしていたところ、みんな分かり手だな~。って言ってたので本当にこの人は言い回しがオタクっぽいなと思いました!

 

続いてのトークテーマは沼津。

とにかく海がきれいだよね、というところからスタート。淡島とか360°海ですからねぇ。という流れから

あいにゃ「皆さん行きました?え?淡島ホテル泊まったの!?」

あいにゃ「私まだ泊まってない・・・」

ありしゃ「あなたは住んでるんでしょ!」

あいにゃ「あ・・・そうそう!す、住んでるから!」

 

魚もおいしいよねぇ。という話になりまたも金目鯛に関して話題を振られるあいにゃ。

わかった!作るから!ともはややけくそでした。

淡島と言ったら、カエル館。果南ちゃんの家ですよすわわさん!ということで淡島の話題に。ダイビングスーツとかボンベが果南仕様になっているという話や、実際に淡島神社登ってあれ結構しんどいという話題に。

ありしゃ「淡島神社ねぇ、結構しんどいんですよ。でも、登り切ったときは眺めもいいですし達成感がすごいのでみなさんも是非チャレンジしてみてください。そういえば諏訪さん、果南ちゃんは息ひとつ乱さず登るらしいですけど諏訪さんはどうでした?」

すわわ「果南ちゃんは~息ひとつ乱してませんでしたけど~果南ちゃんの中の人は~・・・あ、でもそんなに乱れてなかったかな?」

ありしゃ「そうなんですよ。実はこう見えて諏訪さんすごくタフなの~。」

ということで、すわわの意外な一面を知ることができました。たしかにダンスも軽快に踊っていますよね。

どらやきもおいしいよねーという感じに、沼津と内浦の話をしているうちに、いよいよ22:28となりました。

キャストから最終話前に一言!

「せっかくの大スクリーンだから隅々まで見てほしい!表情とか!」

ネタバレできないのでかなり漠然とした注目ポイントでしたが期待を胸にいざ、13話上映スタート!

 

~13話~

サンシャイン!!

f:id:cacao_poke:20160925201039j:plain

地区予選のステージ上にて、私たちから伝えたいことがあります!からのスタート。え?何?

オープニングをはさみ、場面は練習風景へ。無理をしすぎず毎日練習を頑張っていた、という描写でした。練習中モブが現れて毎日練習してるの!?というセリフもありました。仲もよくなったという描写をだすため?にジャン負けがアイスを買いに行くことに。ヨハネさん、盛大にフラグが・・・

f:id:cacao_poke:20160925194903j:plain

 (※画像はイメージです!)

ということで不幸な善子ちゃんがちょっと高いアイスまで買わされるはめになりました。このときルビィすごく悪い顔してるように見えましたが、気のせいですかね・・・そのあとの扇風機のシーンの1年生可愛かった!ヨハー。

そしてまた後日になりプールサイドで練習しているとモブ三人がやってきて、実はみんなこの学校が大好きでみんな輝きたいって思ってるんだ。私たちもスクールアイドルになってラブライブ出られないかな?と言いました。千歌が輝き始めた、学校のみんなも実は同じ意見だっていうことを表現したいのでしょうけどさすがに厚かましすぎるだろと思いました。千歌はすごく喜んでましたけど・・・

出発前夜、千歌と梨子がベランダで話す場面。千歌のまっすぐな思いに対しモブキャラ参戦に対することを言い出せない梨子。ここで千歌ママが登場。梨子ちゃんがついに美人である自覚を持ち始めました。千歌ママの「今度はやめない?」というセリフが印象的でした。曜とは逆の聞き方をするんだなぁと。

いざ地区予選!モブには梨子が事前エントリーメンバーしか参加できないことを伝え9人で臨むことに。

控室などで学年ごとに別れ今までを振り返るメンバー。ヨハネがありがとう!といってルビ丸に抱き着くシーンは最終話で一番グッときたポイントでした。

3年生もしつこくしてくれてありがとうと鞠莉に感謝する二人に対し、いつまでも待ってくれたからこそだよという鞠莉。涙を流しながら話すこのシーンはあかん・・・

果南「あのとき置いてきたものを、もう一度取り戻そう!」

 

(TT)

 

2年生はみんながいたからやってこれたという内容でした。

そして、舞台に上がったメンバー。一番最初のシーンに戻り、今までのダイジェストをミュージカル風に振り返るという演出からスタート。 伝えたいことってこれかい!

賛否両論ありますね。否が多いですが。もう少し短ければ良かったかなと思いますし、三年生の加入のところをあんなに軽く済まさないでほしかったと思いました。

いざ最後の曲へ・・・

なぜかここで1~9を点呼するという、12話でのµ'sからの卒業を台無しにしかねない演出。これはちょっといただけないなと思いました。

 

「MIRAI TICKET」

何度も言いますが劇場レベルでこの曲は迫力がすごすぎました。上映中サイリウム禁止じゃなかったら大閃光折りまくってたと思うw

千歌のソロパート前の光に手をかざすところがSDS前のほのかを彷彿とさせ、そこからのソロパートで鳥肌でした。 最後の一面青への色変え、ライブで盛り上がるなぁと思いました。

f:id:cacao_poke:20160925203008j:plain

 

さてそのまま物語の締めくくりへ。地区予選の結果はわからないけどおそらくきっと・・・

千歌の想いを流しながらみんなで海で記念撮影。

 

君のこころは輝いてるかい?

 

f:id:cacao_poke:20160925202921j:plain

 

~キャスト再登場~

最終話直後の感想とお知らせをしてくれました。

最後のシーンでプロジェクト発足したときの絵に繋がっていったところよかった!といったお話。若干ポーズとか違うからみんな探してみてねーとのこと。

大画面で見るとやっぱり泣いちゃうねーというあいにゃ。ついに一期が終わってしまいましたがAqoursをこれからもよろしくお願いします!という内容でした。

まぁなんといっても特報でしょう!特報の時はやはり会場は大盛り上がりキャストからは3年生を是非センターに!というお願いもありました。3年センター本当に見たいですなぁ・・・

 最後に退場。なるべく皆さんの近くに行って挨拶しますとのこと!現地ずるい。

いつまでも退場しないあいにゃをすわわが最後に鈴木さんを回収してお終いです!本当にありがとうございました!といって終幕でした。

 

以上、簡易的な内容でしたが上映会レポートと最終話の感想でした。上映会ではそこでしか聞けない裏話を聞けるので一見の価値ありです。劇場スケールのアニメも迫力があって素晴らしいです。2期もやっていただけるのであれば参加したいと思いました。

 

では、一期の総評にいきたいと思います。

加入回はどのメンバーも特によかったかなと思います。主に三年生。要所要所のBGMが良すぎる。ただ一話一話に話を盛り込みすぎて追いつけないといったときは何回かありました。あとは無駄な尺といってはあれですがそういうのも多く感じました。結局梨子の犬嫌い設定はなんだったの?セイントスノーさんとかもうちょい出番あっても・・・

µ'sという憧れを目指し走っていく物語でしたが、後半になるにつれてAqoursとはなんなのかということをまじめに考えてようやく自分たちの輝きを見出していくという流れがとてもよかったです。

挿入歌に関しては、物語の節目節目で流れ、ストーリー重視のものが多かったですね。夢空とか未熟とか。個人的には好きですが初代のノーブラみたいにぶっ飛んだ盛り上がり曲が一曲あってもよかったかなと思いました。最後の最後までZERO to ONEが流れなかったのはちょっと残念です。

 

以上です。あっという間の三か月でした。盛り上がりもすごいことになっているのでおそらくあるであろう2期や劇場版までいかにこれを維持できるかが課題だと思います。みなさん盛り上げていきましょう!

 

僕のこころは輝いています!

ラブライブ!サンシャイン!!後半戦感想

さて、前半戦に引き続き後半戦(7話~12話)もあらすじをベースに感想を書いてみようと思います。

↓前半戦感想はこちら

cacao-poke.hatenablog.com

 

~7話~

いよいよ魔都TOKYOにAqoursがやってきました。

いなかっぺを隠そうとしてますます際立ってしまう千歌ちゃん可愛かった笑

秋葉原を各々満喫するメンバー。制服見たり、壁くいをされに行って薄い本買ってみたり・・・そしてついに神田明神へ。µ’sの誰かが登場するのかすごく楽しみでしたが、結局登場せず現れたのは新ライバル?でした。そもそもAqoursは東京アイドルワールドというイベントに呼ばれて上京したわけですが、この方々も参加者のようです。かなり自分たちに自信を持っているようですが、実際のところはどうなんでしょうか!

その後舞台は旅館へ。ここは上野付近の某所に実際に存在します。一見の価値はあるかと思います。アニメ中では音ノ木坂学院の近くらしいですが、梨子が行くのを拒否!やっぱり何かありますね・・・この回から丸ちゃんに食いしん坊属性が備わりました。

翌日、いざパフォーマンス!というところで次回へ続く。発表順は2番手とのことでやっぱり前座かーとAqoursが話している中、ライバルユニットが先に発表することに。セイントスノーというらしいですが、この人たちトップバッターってことは実はもしかしてかませいn 

 

~8話~

結果から言うと、Aqoursのイベントでの結果は最悪でした。人気投票での獲得票数は0(セイントスノーは9位でした、ほらやっぱr) 。自信を失いつつあるメンバーを自分が一番辛いはずなのに必死に空元気で励まそうとする千歌を見てるのは辛かった・・・

意外にも善子ちゃんが気を使っていたことはポイント高いですね笑

曜の悔しくないの?という問いかけに本心を出せない千歌。そのまま沼津へと帰国。

沼津駅では友人とダイヤさんが出迎えてくれてここでルビィがついに折れてしまいました。

という展開からついに3年生の過去が明らかに。

簡潔にまとめると、

三年生が一年生の時3人でスクールアイドルをしていた。そして同様にこのイベントに招待されたものの雰囲気に圧倒され全く演技できなかった

というもの。なるほど、やはりという展開です。果南が何かやっちまったような描写でしたねぇ・・・

それにしてもこのダイヤ様優しすぎる・・・

一方その頃、果南と鞠莉も話をしていました。リベンジしようアイドルしようという鞠莉と、辞めさせるべきだという果南の対立。譲らない果南に対してハグしようとする鞠莉。しかし、果南はこれをスルーして立ち去ってしまいました。このシーンはかなり見ていて辛かったです。なお、3人でアイドルしていた頃を宝物のように思っている鞠莉は泣きながら訴えますがこれも果南には響かず。鞠莉がとても人間味あふれていてとても好感度が上がりました!しかし、ここまで鞠莉を突っぱねる果南には何か理由があるのでしょうか・・・

 そして、メンバーが真実や自分たちの結果を受け止め、それぞれ自宅で思いつめる中夜明けが。海の中で梨子にようやく素直になる千歌ちゃん。良いシーンでした。

なんとなくStep! ZERO to Oneをほうふつとさせる回でした! 

 

~9話~

控えめに言って神回でしたね。

正直、未熟DREAMERってタイトルを聞いて新曲だろうなぁとは思いましたが、おふざけ回からの新曲だろうと思ってました。だからポテチとミルクティーを買って気楽に見ていたのですが・・・

開始のOPまでの一幕で果南がスクールアイドルをやめることを宣言、ダイヤもそれに賛同し鞠莉だけがなんでこうなってしまったかわからない状況になってしまいました。新曲用の衣装を見せつけるも、二人の心は動かせずここで鞠莉の時計は止まってしまったように見えました。この時点でなんとなく展開を察し、ポテチへと手が伸びなくなりました。果南推しとしてはみててすごくつらい展開でした。

f:id:cacao_poke:20160828222650j:plain

 OP後はここまで登場数の少ない果南の性格が描かれていました。とにかく、失敗を引きずるような性格ではないことが協調されていました。1,2年生はルビィから話を聞き出すことに。とにかく果南が失敗から逃げ続けていると思い込んでいる鞠莉に対してダイヤは逃げてはいないとその考えを強く否定していることをメンバーは知りました。逃げている、いないとはなんなのか混乱し、とりあえず果南を尾行してみることに。すると、淡島神社で踊っていた果南の目の前に鞠莉が現れ、説得にかかるのですが、もうあなたの顔は見たくないとかなりきつい一言で突き放されてしまいました。言われた鞠莉も相当悲しい顔をしていましたが、言った果南も相当辛そうでした・・・

f:id:cacao_poke:20160830211103j:plain

そして、果南が復学。ここで鞠莉が2年前のあのシーン、衣装を見せつけるところからスタート。しかし、その衣装は無情にも教室の外へ捨てられてしまいました。

f:id:cacao_poke:20160830211127j:plain

(制服オタク・・・)

3年生の教室で鞠莉VS果南が勃発。それぞれの主張は以下の通り。

果南:東京のイベントで歌えなかったから、ただそれだけ。未練なんてない。

ダイヤ:果南さんは逃げたわけではない。いくら説得してももう二度とスクールアイドルはやらない。

鞠莉:2年前の失敗をいつまでも引きずるな!

そんないたちごっこに千歌が怒り、いよいよ過去が明かされることに・・・

それぞれの真実は以下の通り。

 果南&ダイヤ:自分たちが誘ってしまったスクールアイドルで鞠莉の将来の色々な可能性が閉ざされてしまうのではないか(留学や転校を鞠莉が全て断っていたため)。そして、東京スクールワールドでの演技の時鞠莉が怪我をしていたからわざと歌わなかった。果南はいつも鞠莉を見てきた。ちゃんと気持ちも伝えてきた。

鞠莉:3人でスクールアイドルをしていた時間は宝物だった。イベントで果南が歌えなかった。花火大会に向けてパフォーマンスを完璧にして果南にリベンジをさせてあげたかった(不器用だから気持ちを伝えられなかった)。私のことを考えてくれていたなら気持ちをちゃんと伝えてほしかった。

 

全ての事情をダイヤから聞いた鞠莉は雨の中部室へ。この走ってる鞠莉の作画すごかったです。走り出すまでの昔の思い出の回想がすごく切ない。このあたりから涙腺が・・・ 果南は"ちゃんと"気持ちを伝えてくれていたのに気付けず、さらに自分は気持ちを"ちゃんと"伝えられていなかったことに気づき、部室で"ちゃんと"伝えることに。ちゃんと伝えた後、果南にビンタがさく裂。いくら酷いことを言われても、果南を思う気持ちでずっと果南を信じてきたんでしょうね。果南は果南で本当に顔を見たくないなら呼び出しに応じないはずでしょうし。果南にもちゃんと伝えてよと怒られ、だから叩いてくれとばかりに頬を差し出しますが、返ってきた答えは、一番初めの出会いを想起させる「ハグ、しよ」でした。ここで果南も鞠莉も僕も涙腺が死亡しました。特に、前回の8話で鞠莉がハグしようとしてもスルーされてしまっていたこと、果南の口癖?挨拶のようなハグしよ、がこの形でアニメに入ってくるとは思いませんでしたねぇ。

 この二人の和解(加入)を見届けたダイヤも無事にAqoursに加入。気持ちがすれ違っていた3年生の時が再びAqoursという奇跡により動き出しました。

からの、未熟DREAMERですよね。イントロ聴いた瞬間鳥肌が・・・

歌いだしが果南ということもあり聴き入っていました。歌詞が今までの三年生のことを表していたり、旧Aqours衣装から新Aqours衣装へのチェンジ演出、三年センターからの千歌という新リーダーへのセンターチェンジ演出など今までよりもすごく凝っているように思えました。花火大会ということもあり、わかってはいたのですが静かな間の後のサビで再び鳥肌。素晴らしかったです。

CDが発売されたのでフルで聴きましたが、3年生が大サビでもう一度ソロパートがあり本当に鳥肌がとまりませんでした。生で聴きたい・・・

最後に砂浜のAqoursの真犯人が明かされました。あのダイヤ様可愛すぎ。

3年推しなので9話だけ異常に長くなってしまったw

 

~10話~

 いよいよ、9人が揃って初めての日常回!

とは思いましたが、最終回までにもうひと波乱はあるなと思っていました。

案の定、冒頭で梨子にピアノコンクールの案内が・・・

夏と言えば?というダイヤさんの問いかけからスタート。ルビィが見事正解であるラブライブを当てると姉のシスコンが発揮。この回でダイヤさんが一気にポンコツ化しました、やりすぎぃ!それに向けた練習メニューとしてどっかの山頂アタックさんの考案したメニューを極秘に入手してきたようです。果南しかできないよ!

実際には実現できず、海の家の手伝いをすることに。果南さん、グラマラス!

シャイ煮は食べてみたいですが†堕天使の泪†はちょっと・・・w

海の家をしつつ、千歌の旅館で合宿をこなす中ふとしたときにピアノコンクールの事を知った千歌。梨子を明け方に起こしてラブライブ予選と被っているけどピアノコンクールに出てほしいということを伝えました。変な人と再び言われながらも大好きだよ(意味深)といいピアノコンクールへの参加を決心した梨子。こんな大事なことを二人で勝手に決めていいんでしょうか。次回、友情ヨーソローということなのでなにかこの辺の問題にあたることになりそうですね。

 

~11話~

千歌と曜の互いの気持ちを梨子を介して再確認させる回でした。

一人苦悩する曜にナイスタイミングで電話をかけてくる梨子、さらに梨子から千歌の気持ちを聞いたタイミングで現れる千歌、本当主人公・・・

2年生間に生じ始めていたわだかまりも無事解決し、より一層仲が良くなりました。鞠莉からの「本当の気持ちを伝えられずに2年も無駄にしてしまった。」というセリフの説得力はすごかったw

ピアノコンクールに参加するため上京中の梨子、梨子も含めた9人でもう一度ステージに立つために予選突破を目指す残りの8人。お互いの気持ちを乗せて作り上げた曲が

 

「想いよひとつになれ」

 

開幕前に梨子がくれたシュシュをつけた腕を高々と掲げ、梨子も演奏前にシュシュの腕を掲げるシンクロ演出。舞台袖からステージ、ピアノに向かう間に千歌がスクールアイドルにこだわった理由を曜と梨子が明らかにしていく演出、すごく良かったですなぁ。

 

曜「千歌ちゃんにとって輝くってことは、自分ひとりじゃなくて、誰かと手を取り合いみんなで一緒に輝くってことなんだよね。」

梨子「普通のみんなが集まって、一人じゃとても作れない大きな輝きを作る・・・その輝きが学校や聴いてる人に広がっていく・・・繋がっていく・・・」

曜「それが、千歌ちゃんのやりたかったこと、スクールアイドルの中に見つけた輝きなんだ!」

からの千歌ちゃんのソロ。完璧かよ・・・

振り付けもみんながピアノを弾いているように見えますね。きっと梨子が以前作った「海へ還る者」がベースになっていて、千歌が夏合宿中ずっと考えていた大切なものをテーマとした作詞を完成させて合わせたんでしょう。千歌と曜だけのダブルセンターも見事決まりました。ここの歌詞が何かを掴むことで、何かを諦めない。でした。ここにも梨子にピアノを諦めないでほしいと言った千歌の気持ちが詰まっている気がします。さらにここで観客のブレードが一斉に桜色に。この舞台にいない梨子も想いはひとつということが表現されていました。

というわけで、最終回前ですが個人的にはこの曲が一期のAqoursとしての集大成の曲なのかな、と思いました。

 

~12話~

はばたきのとき。

一体何から羽ばたくのかな。

予選の結果を確認するシーンから始まりました。もちろん突破していました。そりゃそうだ。結果発表までに落ち着けなくて走りに行っちゃいそうな果南ちゃんが可愛かった。

PV再生数も伸び始め、予選突破も決定しさぁ学校名も知れ渡った、説明会申込み者数も増えただろうと意気揚々としていると再び立ち塞がった0。

µ'sはこの時期には廃校を阻止していたことも知り、一体自分たちと何が違うのかを知るため再び東京へ。東京でピアノコンクールに参加していた梨子と合流するのですが・・・こいつ、完全に腐ってやがる・・・

お土産()をロッカーに詰め込み秋葉散策を開始 。なんと千歌がµ'sに関して話をしてくれるすごい人にアポを取ってくれたらしいです。神田明神で!

もうこの時頭に浮かんでたのはたった一人ですやん?まじでくるのか!?来ちゃうのか!?そんな心境の視聴者と黒沢姉妹を尻目に現れたのはセイントスノーのお二人でした。あれ、この人たち道民じゃなかったけ・・・

色々話を聞いて判明したことは

・再生数はAqoursの方が上になった

・A-RIZEに憧れてスクールアイドルを始めた

・勝ちに拘るのは当たり前

・結局、伝説の2組の何がすごかったかはよくわからない。だから、優勝して同じ景色を見てみたい。

とのこと。優勝の景色を見たい、という部分にはすごく賛同できるけど勝ちに拘りすぎかなと思いました。もちろん、µ'sもA-RIZEも優勝は目指してたけども・・・「この瞬間、お客さんを一番楽しませる存在でありたい。」「今日みんなを一番の笑顔にするわよー。」くらいの気持ちがないと彼女らに追いつくのはなかなか難しいのではないかなぁ。

結局、何も得られなかったので音ノ木坂に赴いてみることに。おそらくみなさんこの辺は心臓バクバクだったでしょうw僕も体をうねうねさせながら見ていました。そして、いざ校門へ。感動する9人の元に現れたのは謎の生徒でした。生徒は言いました。

「µ'sは、彼女らは、何も残していかなかったんです。物がなくても気持ちは繋がっている、それでいいんだよ。という理由で。」(大体こんな感じのセリフ?)

いかにもほのかが言いそうなセリフだなぁ、と思いつつも、これは視聴者、特にµ'sを応援してきたラブライバーにも語りかけているように感じました。ファイナルライブ以降µ'sという存在は次第に街から秋葉から消えていっていますが、やっぱりあの時の気持ちは忘れてはいけませんね。

さらにこのセリフとほぼ同時に、すごく見覚えある顔に似た子がこれまたすごく見覚えあるシーンを自然に再現していてグッときました。µ'sは何も残さなかった(この場合のµ'sが何を指しているかはまた別の話)とのことですが、個人的にはµ'sの意思を直接受け継ぐ人(ありゆきとか)が何も残さなかったんじゃないかなと思いました。飛ぶ鳥跡を濁さず!そして、教えてくれた生徒も瞬身の術でいなくなりました。劇場版のシンガーといい何者なんでしょうね。

結局、よくわからないまま帰宅へ。途中国府津を通るのですが千歌が例の浜に寄って行かない?と提案。多分千歌は何か気づいたのでしょう。話は逸れますが、12話放送前に導かれるように僕も浜に聖地巡礼に行っていました(奇跡だよ~)。高速道路下の階段は取り壊されていたので悲しくなりました。µ'sの想いと、Aqoursの決意を生で体感してみたい方は是非行ってみてください。また、無印の二期11話に出てくる涙の駅は根府川といって東海道線でさらに東京から離れるとある別の駅ですのでご注意ください。話は戻ります。千歌や他数名が気づいたµ'sのすごいところは、一番になりたいとか誰かに勝ちたいとかじゃなかった。何もないところを、何もない場所を思いっきり走ったことだ。みんなの夢を叶えるために・・・自由にまっすぐに、だから飛べたんだ。µ'sみたいに輝くってことはµ'sの背中を追いかけることじゃない。自由に走るってことなんじゃないかな!ということ。だから追いかけても比べてもいけない。これにはすごく納得しました。みんなで叶える物語がみんなで叶え"た"物語になったように、Aqoursも周りを巻き込んでどんどん進んでほしいと思います。頑張って0から1にするという目標を叶える過程を応援していこうと思います。

場所は突然根府川駅のホームに移ります。千歌からほのかへメッセージがありました。憧れと目標は違う。しっかり自分たちの目標を目指します。という内容とともにAqoursがµ'sからのはばたきのときを宣言し、これまた見覚えのある羽根の演出が!ずるい・・・

是非、µ'sが見せてくれた景色とは違うAqoursだけの景色を我々にも見せてください。

 

 

以上、12話までの振り返りでした!

9話までの流れで果南は推すことが確定。後半とスクフェスのおかげで梨子がまさかの2推しに返り咲きという事態になりました。浴衣SSR可愛すぎる・・・

さて、9月も後半です。台風も多いですが、色々な総選挙が開催されているので打倒ヨーソローできるようにみなさん頑張りましょう!

 

次回で最終話と総評をしてみたいと思います。それでは!