読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅トレーナーのポケモンとラブライブの雑記

6世代で1700~1800で戦っていたトレーナーです。書きたいことを更新していこうと思います。月1更新目指します。最近はラブライブ!が多い・・・

JCS2016オンライン予選プチレポート~GSルール初参加感想~

ポケモン

こんにちは。

今月はこの前まで行われていたJCSオンライン予選を含めたダブルバトルデビューの感想です。

f:id:cacao_poke:20160504234327j:plain

シングル専門でしたのでダブルの知識は乏しいですが読んでいただければ幸いです。

まずJWCS2016の簡単なレギュレーションの確認から。(詳細は下記URLから)

 

Pokémon Global Link

 

とりあえずGSルールであること、がわかっていれば大丈夫そうです。GSルールとは禁止伝説のポケモンを2匹まで使用できるダブルバトルとなっています。ミュウなどの幻ポケモンは使用禁止です。

 

さて、これに参加するにあたりパーティーを組むことになりましたが如何せんダブルバトル初心者、知識不足、ポケモンがいない、ポケモンがいないということでまずは厳選の都合上どの伝説ポケモンを使うか、つまりパーティーの軸を決めていくことに。GSルールで強いとされる伝説ポケモンはゲンシグラードン、ゲンシカイオーガゼルネアスですね。天候の取り合いが非常に重要となる二匹とジオコントロールを積めば止まらないとされるゼルネアス。今回は僕のROMがオメガルビーだったこともありグラゼルネという並びを使ってみることにしました。次はそれぞれの性格を決めていきます。育成論を見ていると先発ポケモントリックルームを張って遅いゲンシグラードンで突破していく戦術が多いようでした。しかし、ゼルネアスはジオコントロールを積んでいく都合上ギミックが噛み合わないといことになり追い風軸戦術をとることに決め、ゲンシグラードンはいじっぱりで決定。一方、ゼルネアスは追い風下でジオコンをしたいので物理耐久に厚くしようと考えずぶといに決定しました。一般的なゼルネアスは臆病最速が多いようです。軸のポケモンの型が決まったので次はサポートしてくポケモンを決めていきます。戦術の肝となる追い風要員はファイアローにしました。エルフーンとすごく悩みましたが、終盤のお掃除役、ちょうはつで相手のゼルネアスを止める、鬼火でガルーラを止めるなど器用なポケモンかなと思ったからですね。エルフーンだと相手のファイアローに勝てないということもあります。これで追い風軸3匹は決定しました。残りの3匹は乏しい知識からひねり出すことに。ダブルとシングルで大きく違うこと、それはまもるやファストガード、ワイドガードなどの攻撃を凌ぐ系の補助技が勝負を決めるということです。これらの補助技の使用タイミングなどを読み切ることが重要となってきます。このことから考えるとまもってくるやつがわかればそのポケモンは放っておいても問題ないということです。まもらせることで相手に1ターン行動させないという強みもあります。ダブルバトルは相手に行動させないということも重要です。ということで、相手の行動を読みやすくできるポケモンとしてメガガルーラを採用しました。こんなこと考えなくても無難に強いですが・・・技構成は後程紹介しますがとにかくねこだましが強い。ねこだましで相手の1匹を削りつつ行動停止、あるいはねこだまし読みのまもるなどで結果的に行動停止させることができます。ねこすてみでレックウザを飛ばせます。シングルダブルで共通して言えることは親子愛は強い!ってことですね。

さて、残り2枠。もう一つダブルで重要な要素として、威嚇があります。実際みなさんメガガルーラやゲンシグラードンを中心としたポケモンを使ってくるので(どちらのポケモンも両刀が存分にあり得ますが・・・)物理ポケモンの火力を下げられる威嚇はダブルバトルでは重宝されるようです。知識もないので適当に威嚇枠2匹埋めるか、ということでメガボーマンダと霊獣ランドロスを採用しました。正直威嚇枠は2匹もいらないので1匹をいたずらごころ枠にすればよかったと思いました。全然選出もしませんでしたし。

こうして6匹が決まり育成も完了、パーティー登録を済ませて気が付きました。

ゲンシカイオーガどうするの?

 

では、パーティー紹介です。

 

ゼルネアス@パワフルハーブ

ずぶとい 個体値妥協 ほぼHB振り Sはジオコントロール後(もしくは追い風下)130族抜き。

ジオコン ムンフォ まもる きあいだま

f:id:cacao_poke:20160504234659j:plain

エース枠①。いつぞやに配布された色ゼルネです。Xの周回がめんどくさかったから配達員厳選しましたがずぶとい待ちでさらに良個体となると周回した方が早かったかも・・・

まぁ色違いだし!

技は納得いってません。ガルーラや鋼ポケモンに強く出たかったからきあいだまにしましたが、マジカルシャイン打ちたい場面の方が多かった・・・まもるは相手がゼルネアス殺したそうにしてる時に使うのと追い風ターンに使って上からジオコンを積むためです。図太いにした理由は先ほど少し書きましたが、物理ポケに強くなりたかったことです。ゲンシグラードンのだんがいのつるぎは2耐えします。物理耐久あってよかったと思う場面は多々あったので臆病は使ったことないですが図太いはおすすめかなと思います。Cに振らない関係でジオコン後も火力不足感はありました。

 

ゲンシグラードン@べにいろのたま

いじっぱり 個体値妥協 ほぼHA振り Sはゼルネ同様。

まもる ほのおのパンチ だんがいのつるぎ ストーンエッジ

f:id:cacao_poke:20160504235925p:plain

エース枠その②。一般的な育成論ではトリルからの勇敢両刀が多いようですが意地っ張りにしたのは上記のとおり。とりあえず強いのと唯一ゲンシカイオーガとやりあえるポケモンと当時は思っていました。詳しくは後程の対戦感想で!

 耐久に振ることで相手のゲンシグラードンのだんがいのつるぎを耐えるようになります。エッジと断崖の剣という命中不安に泣いたことが多かったです。

 

ファイアロー@脱出ボタン

ようき C抜け5V HSベース 

おいかぜ ブレイブバード ちょうはつ おにび

 

シングル調整のを流用した個体です。シングルではおいかぜがはねやすめになっていた気がします。おいかぜはギミック起動、ちょうはつは相手のジオコンや催眠の阻止、おにびはガルーラランドロスギルガルドなどへのけん制に採用しました。

このちょうはつがかなり役立ちました。基本的にゼルネ展開は阻止できます。

まもる系統の技がないので、ガルーラねこだましで脱出するところが難点でした。おいかぜが一撃で落とされるもよし、脱出して二順目からおいかぜを張りなおす、もしくはブレバでお掃除もできる器用なポケモンでした。

 

メガガルーラ@メガストーン

ようき C抜け5V AS振り

ねこだまし すてみタックル 地震 まもる

 

ねこだましでアローをサポートします。基本的にこのパーティーはガルーラとアローを先発で投げて展開していきます。アローがおいかぜできるかどうかはガルーラにかかっています。冒頭でも述べたようにとにかく相手の行動を止める役割を果たします。行動を阻止できればまもられようがガルーラねこだましが飛んでこようがなんでもOKです。最速なので相手のねこだまししてきそうなポケモンねこだましを打っていきます。ダブルバトルでは縛りの概念も重要らしく、相手のHPを削りこちらの先制技の圏内に入れることを縛るというらしく、ねこすてみなどで2サイクル目のアローのブレバやねこだましで縛る役割もあります。もちろんおいかぜ下ですてみを打つだけのイージーゲームになる場合もあります。

 

霊獣ランドロス@ゴツメ

ようき 個体値妥協 HSベース

じしん いわなだれ とんぼがえり まもる

 

威嚇枠。選出率0%、役割もよくわからないため解説なし!

 

メガボーマンダ@メガ石

ひかえめ A抜け5V CS振り

ハイパーボイス りゅうせいぐん どくどく はねやすめ

 

威嚇枠。シングル流用個体。ダブルバトルには普通にまもるが入ってくるということでどくまもできるかなぁ、という発想から生まれました。選出率も低く、どくもはねもうたないハイボマンでした。通りもよく高火力の全体技を上から打ち込めるといことでそれなりの活躍はしてくれました。しかし、臆病マンダが多すぎてりゅうせいぐんを打ち込まれて倒されることが多かった印象です。

 

・対戦感想

とりあえず新鮮味があってとても楽しかったです。初日は9勝1敗という好成績だったのですが2日目以降ぱっとせず忙しくて対戦もできずという感じで全体的に20戦そこそこしかできませんでした。おいかぜギミックがばっちり決まりジオコンを積んで全抜きしていくのはとても楽しかったです。もう少し知識をつけて対戦にも慣れてからやりたいなと思える大会でした。次回もあれば参加してみたいです。

さて、ここからは感想ということで対戦中やっかいだと感じたポケモンをランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

第5位

化身ボルトロス

ダブルでも健在のうっとおしさでした。でんじはで足を削がれる、ちょうはつが上から飛んでくるなどギミックを思い通りに動かせなくなりました。

 

第4位

ドーブル

何をしてくるのかわからないのが厄介でした。催眠のイメージしかなかったのですが実際にはもっと役割があるようです。ガルーラで何とかなっていたのが救いでした。

 

第3位

ゲンシカイオーガ

天候の取り合いに負けた時の絶望感。1位と2位の補助による全抜き性能。一貫性を作ってしまったのが悪いですがパーティーにいるだけで嫌になります。

 

第2位

レパルダス

ガルーラより早くねこだましが打てるためアローが脱出していきます。いたずらごころによるサポートが強力でした。うかつにジオコンも積めません。

 

第一位

クレセリア

これほどクレセリアをむかつくと思ったことはありませんね。最近シングルでは起点になるとかで評価が下がりつつありますが、ダブルバトルのこいつは強いです。まずはトリックルーム。これにより最遅のゲンシグラードンやゲンシカイオーガが上から叩いてきます。追い風とは別の戦術ですね。そこから手助けでエースの火力をさらに上げます。そして最も嫌だったのがスキルスワップです。いつ打ってくるかタイミングがわからず、まんまとゲンシグラードンを交代出しのタイミングに合わされて天候を張りなおされ水技を通されて負けるのが定石となりました。このスキルスワップは色々なポケモンが使ってくるので頭に叩き込まなければいけませんね(ドーブルやゲンガーなど)

 

以上がJCS2016参加レポでした。読んでくださりありがとうございました。ランドロスを参加賞でもらえるのでうまうまですね。