読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅トレーナーのポケモンとラブライブの雑記

6世代で1700~1800で戦っていたトレーナーです。書きたいことを更新していこうと思います。月1更新目指します。最近はラブライブ!が多い・・・

ラブライブ!サンシャイン!!みんなで上映会inLV感想

こんばんは。

最終話を急きょ、みんなで上映会のLVで見ることになったのでそちらのレポートをメインに最終話の感想、1期の総評をしてみようと思います。

 

~20:30 開幕~

キャスト登場!今回のみんなで上映会は10話~最新回13話を見るという会。担当は3年生キャストでした。とりあえずあいさつとしてコール&レスポンスからスタート。

生ではないけどすわわの「よし!ハグしよ!」を見れたのでもうこの時点で元は取れました。ダイヤさんは難しい、美しい声のダイヤッホーは僕にはできません。ありしゃさんは序盤からポンコツ全開でした。小宮あr、黒澤ダイヤ役!とう言い間違い。シャイニーお姉さんは本当にシャイニーお姉さんでした。もう少しで音割れするレベルでうるさかったw

そして10話~12話の見所を簡単にキャストが述べて上映会スタート!

 

各キャストの見所

ありしゃ:シャイ煮。はっちゃけたダイヤさんを見てほしい。

あいにゃ:嫉妬ファイアー~~~~~。を含むお姉さんらしいところ。

すわわ :水着。水着。水着。

さすがすわわw

 

10~12話の感想はすでに書いているので省かせていただきますが、劇場クオリティーでの想いよひとつになれは本当に圧巻でした。二期もあると思いますが僕が見に行きたいのでみなさん申し込みはご遠慮ください()

 

~振り返り上映終了~

キャスト再登場。ここからはキャストとともに今回の上映話を振り返っていきました。

細かいところは記憶できていませんがここ良かったねーなどを各話行いました。

さらに10~12話でキャストが最も印象に残った場面をキャストが絵にして振り返りましたw

・ありしゃ

シスコン!ルビィを甘やかしすぎることについてのお話でした。水着がルビィがへそだしのものなのに対し、ダイヤはワンピースタイプだったことが納得いかなかったようですw ここで鈴木おじさんが私もダイヤに甘やかされたい~と駄々をこねはじめますが、あなたはルビィではないから甘やかしませんと拒否。すわわがじゃあエア甘やかししてよーということでありしゃがその場面を空気相手に再現するというシュールな展開に。あいにゃがいいなぁそこの空気・・・って言ってたのがとても面白かったです。

 

・あいにゃ

嫉妬ファイア~~~~~~。これの誕生秘話?を教えてくれました。この嫉妬ファイアーのセリフをどういった風に演じるか鈴木さん自身すごく迷っていたところ、そこに杏ちゃんが現れて「民謡やってたんだからこぶし効かせてやってみてよ~。失敗してもボツになるだけだからさ~。」と言ってそれを実演したところ採用されてしまったようです。ほかのキャストはカットが出るまで笑いをこらえるのに必死だったとか・・・あいにゃ自身も笑いながらやっていたそうです。気に入っているようで実演もしてくれました。

 

・すわわ

12話で真剣に千歌と曜が話しているところに颯爽と現れてダイビングスーツを脱ぐ果南。めちゃわかります!さすがすわわ!突然脱ぎだして「今日はうちも予約0だよー」ってめっちゃシリアスなことを言っているギャップが良かったらしいです。9話までほとんどダイビングスーツか私服しか着ていなかった果南がやっと制服とか衣装とかを着れるようになったので無事に上陸できましたwというすわわ面白かったw

さらに、果南はナイスバディーだよねーというあいにゃに対し、いや鞠莉もでしょ!というすわわ。3年2人はナイスバディーなのにそういう点で触れられないとしょげるありしゃ。

 

ありしゃ「二人に嫉妬ファイア~~~~。」

 

綺麗にまとまったところで、続いては今までの挿入歌の感想。

・すわわ

 未熟DREAMER。3年生の衣装チェンジがすごい。さすがにあれは泣いちゃうよねーといったお話。

 

・ありしゃ

決めたよHand in Hand。ラブライブっぽくて好き。初めて聞いたときいよいよか~って思った。結構振付激しいよねwとかすごいCGがぬるぬる動いてる!とかそういう話でした。

 

・あいにゃ

ユメ語るよりユメ歌おう。イントロの入り方がずるいよね~。って話でした。各話の主役が歌うので毎回楽しみでした。といったお話。観客もわかるわかる~とリアクションしていたところ、みんな分かり手だな~。って言ってたので本当にこの人は言い回しがオタクっぽいなと思いました!

 

続いてのトークテーマは沼津。

とにかく海がきれいだよね、というところからスタート。淡島とか360°海ですからねぇ。という流れから

あいにゃ「皆さん行きました?え?淡島ホテル泊まったの!?」

あいにゃ「私まだ泊まってない・・・」

ありしゃ「あなたは住んでるんでしょ!」

あいにゃ「あ・・・そうそう!す、住んでるから!」

 

魚もおいしいよねぇ。という話になりまたも金目鯛に関して話題を振られるあいにゃ。

わかった!作るから!ともはややけくそでした。

淡島と言ったら、カエル館。果南ちゃんの家ですよすわわさん!ということで淡島の話題に。ダイビングスーツとかボンベが果南仕様になっているという話や、実際に淡島神社登ってあれ結構しんどいという話題に。

ありしゃ「淡島神社ねぇ、結構しんどいんですよ。でも、登り切ったときは眺めもいいですし達成感がすごいのでみなさんも是非チャレンジしてみてください。そういえば諏訪さん、果南ちゃんは息ひとつ乱さず登るらしいですけど諏訪さんはどうでした?」

すわわ「果南ちゃんは~息ひとつ乱してませんでしたけど~果南ちゃんの中の人は~・・・あ、でもそんなに乱れてなかったかな?」

ありしゃ「そうなんですよ。実はこう見えて諏訪さんすごくタフなの~。」

ということで、すわわの意外な一面を知ることができました。たしかにダンスも軽快に踊っていますよね。

どらやきもおいしいよねーという感じに、沼津と内浦の話をしているうちに、いよいよ22:28となりました。

キャストから最終話前に一言!

「せっかくの大スクリーンだから隅々まで見てほしい!表情とか!」

ネタバレできないのでかなり漠然とした注目ポイントでしたが期待を胸にいざ、13話上映スタート!

 

~13話~

サンシャイン!!

f:id:cacao_poke:20160925201039j:plain

地区予選のステージ上にて、私たちから伝えたいことがあります!からのスタート。え?何?

オープニングをはさみ、場面は練習風景へ。無理をしすぎず毎日練習を頑張っていた、という描写でした。練習中モブが現れて毎日練習してるの!?というセリフもありました。仲もよくなったという描写をだすため?にジャン負けがアイスを買いに行くことに。ヨハネさん、盛大にフラグが・・・

f:id:cacao_poke:20160925194903j:plain

 (※画像はイメージです!)

ということで不幸な善子ちゃんがちょっと高いアイスまで買わされるはめになりました。このときルビィすごく悪い顔してるように見えましたが、気のせいですかね・・・そのあとの扇風機のシーンの1年生可愛かった!ヨハー。

そしてまた後日になりプールサイドで練習しているとモブ三人がやってきて、実はみんなこの学校が大好きでみんな輝きたいって思ってるんだ。私たちもスクールアイドルになってラブライブ出られないかな?と言いました。千歌が輝き始めた、学校のみんなも実は同じ意見だっていうことを表現したいのでしょうけどさすがに厚かましすぎるだろと思いました。千歌はすごく喜んでましたけど・・・

出発前夜、千歌と梨子がベランダで話す場面。千歌のまっすぐな思いに対しモブキャラ参戦に対することを言い出せない梨子。ここで千歌ママが登場。梨子ちゃんがついに美人である自覚を持ち始めました。千歌ママの「今度はやめない?」というセリフが印象的でした。曜とは逆の聞き方をするんだなぁと。

いざ地区予選!モブには梨子が事前エントリーメンバーしか参加できないことを伝え9人で臨むことに。

控室などで学年ごとに別れ今までを振り返るメンバー。ヨハネがありがとう!といってルビ丸に抱き着くシーンは最終話で一番グッときたポイントでした。

3年生もしつこくしてくれてありがとうと鞠莉に感謝する二人に対し、いつまでも待ってくれたからこそだよという鞠莉。涙を流しながら話すこのシーンはあかん・・・

果南「あのとき置いてきたものを、もう一度取り戻そう!」

 

(TT)

 

2年生はみんながいたからやってこれたという内容でした。

そして、舞台に上がったメンバー。一番最初のシーンに戻り、今までのダイジェストをミュージカル風に振り返るという演出からスタート。 伝えたいことってこれかい!

賛否両論ありますね。否が多いですが。もう少し短ければ良かったかなと思いますし、三年生の加入のところをあんなに軽く済まさないでほしかったと思いました。

いざ最後の曲へ・・・

なぜかここで1~9を点呼するという、12話でのµ'sからの卒業を台無しにしかねない演出。これはちょっといただけないなと思いました。

 

「MIRAI TICKET」

何度も言いますが劇場レベルでこの曲は迫力がすごすぎました。上映中サイリウム禁止じゃなかったら大閃光折りまくってたと思うw

千歌のソロパート前の光に手をかざすところがSDS前のほのかを彷彿とさせ、そこからのソロパートで鳥肌でした。 最後の一面青への色変え、ライブで盛り上がるなぁと思いました。

f:id:cacao_poke:20160925203008j:plain

 

さてそのまま物語の締めくくりへ。地区予選の結果はわからないけどおそらくきっと・・・

千歌の想いを流しながらみんなで海で記念撮影。

 

君のこころは輝いてるかい?

 

f:id:cacao_poke:20160925202921j:plain

 

~キャスト再登場~

最終話直後の感想とお知らせをしてくれました。

最後のシーンでプロジェクト発足したときの絵に繋がっていったところよかった!といったお話。若干ポーズとか違うからみんな探してみてねーとのこと。

大画面で見るとやっぱり泣いちゃうねーというあいにゃ。ついに一期が終わってしまいましたがAqoursをこれからもよろしくお願いします!という内容でした。

まぁなんといっても特報でしょう!特報の時はやはり会場は大盛り上がりキャストからは3年生を是非センターに!というお願いもありました。3年センター本当に見たいですなぁ・・・

 最後に退場。なるべく皆さんの近くに行って挨拶しますとのこと!現地ずるい。

いつまでも退場しないあいにゃをすわわが最後に鈴木さんを回収してお終いです!本当にありがとうございました!といって終幕でした。

 

以上、簡易的な内容でしたが上映会レポートと最終話の感想でした。上映会ではそこでしか聞けない裏話を聞けるので一見の価値ありです。劇場スケールのアニメも迫力があって素晴らしいです。2期もやっていただけるのであれば参加したいと思いました。

 

では、一期の総評にいきたいと思います。

加入回はどのメンバーも特によかったかなと思います。主に三年生。要所要所のBGMが良すぎる。ただ一話一話に話を盛り込みすぎて追いつけないといったときは何回かありました。あとは無駄な尺といってはあれですがそういうのも多く感じました。結局梨子の犬嫌い設定はなんだったの?セイントスノーさんとかもうちょい出番あっても・・・

µ'sという憧れを目指し走っていく物語でしたが、後半になるにつれてAqoursとはなんなのかということをまじめに考えてようやく自分たちの輝きを見出していくという流れがとてもよかったです。

挿入歌に関しては、物語の節目節目で流れ、ストーリー重視のものが多かったですね。夢空とか未熟とか。個人的には好きですが初代のノーブラみたいにぶっ飛んだ盛り上がり曲が一曲あってもよかったかなと思いました。最後の最後までZERO to ONEが流れなかったのはちょっと残念です。

 

以上です。あっという間の三か月でした。盛り上がりもすごいことになっているのでおそらくあるであろう2期や劇場版までいかにこれを維持できるかが課題だと思います。みなさん盛り上げていきましょう!

 

僕のこころは輝いています!