読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅トレーナーのポケモンとラブライブの雑記

6世代で1700~1800で戦っていたトレーナーです。書きたいことを更新していこうと思います。月1更新目指します。最近はラブライブ!が多い・・・

ラブライブ!サンシャイン!!みんなで上映会inLV感想

ラブライブ!

こんばんは。

最終話を急きょ、みんなで上映会のLVで見ることになったのでそちらのレポートをメインに最終話の感想、1期の総評をしてみようと思います。

 

~20:30 開幕~

キャスト登場!今回のみんなで上映会は10話~最新回13話を見るという会。担当は3年生キャストでした。とりあえずあいさつとしてコール&レスポンスからスタート。

生ではないけどすわわの「よし!ハグしよ!」を見れたのでもうこの時点で元は取れました。ダイヤさんは難しい、美しい声のダイヤッホーは僕にはできません。ありしゃさんは序盤からポンコツ全開でした。小宮あr、黒澤ダイヤ役!とう言い間違い。シャイニーお姉さんは本当にシャイニーお姉さんでした。もう少しで音割れするレベルでうるさかったw

そして10話~12話の見所を簡単にキャストが述べて上映会スタート!

 

各キャストの見所

ありしゃ:シャイ煮。はっちゃけたダイヤさんを見てほしい。

あいにゃ:嫉妬ファイアー~~~~~。を含むお姉さんらしいところ。

すわわ :水着。水着。水着。

さすがすわわw

 

10~12話の感想はすでに書いているので省かせていただきますが、劇場クオリティーでの想いよひとつになれは本当に圧巻でした。二期もあると思いますが僕が見に行きたいのでみなさん申し込みはご遠慮ください()

 

~振り返り上映終了~

キャスト再登場。ここからはキャストとともに今回の上映話を振り返っていきました。

細かいところは記憶できていませんがここ良かったねーなどを各話行いました。

さらに10~12話でキャストが最も印象に残った場面をキャストが絵にして振り返りましたw

・ありしゃ

シスコン!ルビィを甘やかしすぎることについてのお話でした。水着がルビィがへそだしのものなのに対し、ダイヤはワンピースタイプだったことが納得いかなかったようですw ここで鈴木おじさんが私もダイヤに甘やかされたい~と駄々をこねはじめますが、あなたはルビィではないから甘やかしませんと拒否。すわわがじゃあエア甘やかししてよーということでありしゃがその場面を空気相手に再現するというシュールな展開に。あいにゃがいいなぁそこの空気・・・って言ってたのがとても面白かったです。

 

・あいにゃ

嫉妬ファイア~~~~~~。これの誕生秘話?を教えてくれました。この嫉妬ファイアーのセリフをどういった風に演じるか鈴木さん自身すごく迷っていたところ、そこに杏ちゃんが現れて「民謡やってたんだからこぶし効かせてやってみてよ~。失敗してもボツになるだけだからさ~。」と言ってそれを実演したところ採用されてしまったようです。ほかのキャストはカットが出るまで笑いをこらえるのに必死だったとか・・・あいにゃ自身も笑いながらやっていたそうです。気に入っているようで実演もしてくれました。

 

・すわわ

12話で真剣に千歌と曜が話しているところに颯爽と現れてダイビングスーツを脱ぐ果南。めちゃわかります!さすがすわわ!突然脱ぎだして「今日はうちも予約0だよー」ってめっちゃシリアスなことを言っているギャップが良かったらしいです。9話までほとんどダイビングスーツか私服しか着ていなかった果南がやっと制服とか衣装とかを着れるようになったので無事に上陸できましたwというすわわ面白かったw

さらに、果南はナイスバディーだよねーというあいにゃに対し、いや鞠莉もでしょ!というすわわ。3年2人はナイスバディーなのにそういう点で触れられないとしょげるありしゃ。

 

ありしゃ「二人に嫉妬ファイア~~~~。」

 

綺麗にまとまったところで、続いては今までの挿入歌の感想。

・すわわ

 未熟DREAMER。3年生の衣装チェンジがすごい。さすがにあれは泣いちゃうよねーといったお話。

 

・ありしゃ

決めたよHand in Hand。ラブライブっぽくて好き。初めて聞いたときいよいよか~って思った。結構振付激しいよねwとかすごいCGがぬるぬる動いてる!とかそういう話でした。

 

・あいにゃ

ユメ語るよりユメ歌おう。イントロの入り方がずるいよね~。って話でした。各話の主役が歌うので毎回楽しみでした。といったお話。観客もわかるわかる~とリアクションしていたところ、みんな分かり手だな~。って言ってたので本当にこの人は言い回しがオタクっぽいなと思いました!

 

続いてのトークテーマは沼津。

とにかく海がきれいだよね、というところからスタート。淡島とか360°海ですからねぇ。という流れから

あいにゃ「皆さん行きました?え?淡島ホテル泊まったの!?」

あいにゃ「私まだ泊まってない・・・」

ありしゃ「あなたは住んでるんでしょ!」

あいにゃ「あ・・・そうそう!す、住んでるから!」

 

魚もおいしいよねぇ。という話になりまたも金目鯛に関して話題を振られるあいにゃ。

わかった!作るから!ともはややけくそでした。

淡島と言ったら、カエル館。果南ちゃんの家ですよすわわさん!ということで淡島の話題に。ダイビングスーツとかボンベが果南仕様になっているという話や、実際に淡島神社登ってあれ結構しんどいという話題に。

ありしゃ「淡島神社ねぇ、結構しんどいんですよ。でも、登り切ったときは眺めもいいですし達成感がすごいのでみなさんも是非チャレンジしてみてください。そういえば諏訪さん、果南ちゃんは息ひとつ乱さず登るらしいですけど諏訪さんはどうでした?」

すわわ「果南ちゃんは~息ひとつ乱してませんでしたけど~果南ちゃんの中の人は~・・・あ、でもそんなに乱れてなかったかな?」

ありしゃ「そうなんですよ。実はこう見えて諏訪さんすごくタフなの~。」

ということで、すわわの意外な一面を知ることができました。たしかにダンスも軽快に踊っていますよね。

どらやきもおいしいよねーという感じに、沼津と内浦の話をしているうちに、いよいよ22:28となりました。

キャストから最終話前に一言!

「せっかくの大スクリーンだから隅々まで見てほしい!表情とか!」

ネタバレできないのでかなり漠然とした注目ポイントでしたが期待を胸にいざ、13話上映スタート!

 

~13話~

サンシャイン!!

f:id:cacao_poke:20160925201039j:plain

地区予選のステージ上にて、私たちから伝えたいことがあります!からのスタート。え?何?

オープニングをはさみ、場面は練習風景へ。無理をしすぎず毎日練習を頑張っていた、という描写でした。練習中モブが現れて毎日練習してるの!?というセリフもありました。仲もよくなったという描写をだすため?にジャン負けがアイスを買いに行くことに。ヨハネさん、盛大にフラグが・・・

f:id:cacao_poke:20160925194903j:plain

 (※画像はイメージです!)

ということで不幸な善子ちゃんがちょっと高いアイスまで買わされるはめになりました。このときルビィすごく悪い顔してるように見えましたが、気のせいですかね・・・そのあとの扇風機のシーンの1年生可愛かった!ヨハー。

そしてまた後日になりプールサイドで練習しているとモブ三人がやってきて、実はみんなこの学校が大好きでみんな輝きたいって思ってるんだ。私たちもスクールアイドルになってラブライブ出られないかな?と言いました。千歌が輝き始めた、学校のみんなも実は同じ意見だっていうことを表現したいのでしょうけどさすがに厚かましすぎるだろと思いました。千歌はすごく喜んでましたけど・・・

出発前夜、千歌と梨子がベランダで話す場面。千歌のまっすぐな思いに対しモブキャラ参戦に対することを言い出せない梨子。ここで千歌ママが登場。梨子ちゃんがついに美人である自覚を持ち始めました。千歌ママの「今度はやめない?」というセリフが印象的でした。曜とは逆の聞き方をするんだなぁと。

いざ地区予選!モブには梨子が事前エントリーメンバーしか参加できないことを伝え9人で臨むことに。

控室などで学年ごとに別れ今までを振り返るメンバー。ヨハネがありがとう!といってルビ丸に抱き着くシーンは最終話で一番グッときたポイントでした。

3年生もしつこくしてくれてありがとうと鞠莉に感謝する二人に対し、いつまでも待ってくれたからこそだよという鞠莉。涙を流しながら話すこのシーンはあかん・・・

果南「あのとき置いてきたものを、もう一度取り戻そう!」

 

(TT)

 

2年生はみんながいたからやってこれたという内容でした。

そして、舞台に上がったメンバー。一番最初のシーンに戻り、今までのダイジェストをミュージカル風に振り返るという演出からスタート。 伝えたいことってこれかい!

賛否両論ありますね。否が多いですが。もう少し短ければ良かったかなと思いますし、三年生の加入のところをあんなに軽く済まさないでほしかったと思いました。

いざ最後の曲へ・・・

なぜかここで1~9を点呼するという、12話でのµ'sからの卒業を台無しにしかねない演出。これはちょっといただけないなと思いました。

 

「MIRAI TICKET」

何度も言いますが劇場レベルでこの曲は迫力がすごすぎました。上映中サイリウム禁止じゃなかったら大閃光折りまくってたと思うw

千歌のソロパート前の光に手をかざすところがSDS前のほのかを彷彿とさせ、そこからのソロパートで鳥肌でした。 最後の一面青への色変え、ライブで盛り上がるなぁと思いました。

f:id:cacao_poke:20160925203008j:plain

 

さてそのまま物語の締めくくりへ。地区予選の結果はわからないけどおそらくきっと・・・

千歌の想いを流しながらみんなで海で記念撮影。

 

君のこころは輝いてるかい?

 

f:id:cacao_poke:20160925202921j:plain

 

~キャスト再登場~

最終話直後の感想とお知らせをしてくれました。

最後のシーンでプロジェクト発足したときの絵に繋がっていったところよかった!といったお話。若干ポーズとか違うからみんな探してみてねーとのこと。

大画面で見るとやっぱり泣いちゃうねーというあいにゃ。ついに一期が終わってしまいましたがAqoursをこれからもよろしくお願いします!という内容でした。

まぁなんといっても特報でしょう!特報の時はやはり会場は大盛り上がりキャストからは3年生を是非センターに!というお願いもありました。3年センター本当に見たいですなぁ・・・

 最後に退場。なるべく皆さんの近くに行って挨拶しますとのこと!現地ずるい。

いつまでも退場しないあいにゃをすわわが最後に鈴木さんを回収してお終いです!本当にありがとうございました!といって終幕でした。

 

以上、簡易的な内容でしたが上映会レポートと最終話の感想でした。上映会ではそこでしか聞けない裏話を聞けるので一見の価値ありです。劇場スケールのアニメも迫力があって素晴らしいです。2期もやっていただけるのであれば参加したいと思いました。

 

では、一期の総評にいきたいと思います。

加入回はどのメンバーも特によかったかなと思います。主に三年生。要所要所のBGMが良すぎる。ただ一話一話に話を盛り込みすぎて追いつけないといったときは何回かありました。あとは無駄な尺といってはあれですがそういうのも多く感じました。結局梨子の犬嫌い設定はなんだったの?セイントスノーさんとかもうちょい出番あっても・・・

µ'sという憧れを目指し走っていく物語でしたが、後半になるにつれてAqoursとはなんなのかということをまじめに考えてようやく自分たちの輝きを見出していくという流れがとてもよかったです。

挿入歌に関しては、物語の節目節目で流れ、ストーリー重視のものが多かったですね。夢空とか未熟とか。個人的には好きですが初代のノーブラみたいにぶっ飛んだ盛り上がり曲が一曲あってもよかったかなと思いました。最後の最後までZERO to ONEが流れなかったのはちょっと残念です。

 

以上です。あっという間の三か月でした。盛り上がりもすごいことになっているのでおそらくあるであろう2期や劇場版までいかにこれを維持できるかが課題だと思います。みなさん盛り上げていきましょう!

 

僕のこころは輝いています!

ラブライブ!サンシャイン!!後半戦感想

ラブライブ!

さて、前半戦に引き続き後半戦(7話~12話)もあらすじをベースに感想を書いてみようと思います。

↓前半戦感想はこちら

cacao-poke.hatenablog.com

 

~7話~

いよいよ魔都TOKYOにAqoursがやってきました。

いなかっぺを隠そうとしてますます際立ってしまう千歌ちゃん可愛かった笑

秋葉原を各々満喫するメンバー。制服見たり、壁くいをされに行って薄い本買ってみたり・・・そしてついに神田明神へ。µ’sの誰かが登場するのかすごく楽しみでしたが、結局登場せず現れたのは新ライバル?でした。そもそもAqoursは東京アイドルワールドというイベントに呼ばれて上京したわけですが、この方々も参加者のようです。かなり自分たちに自信を持っているようですが、実際のところはどうなんでしょうか!

その後舞台は旅館へ。ここは上野付近の某所に実際に存在します。一見の価値はあるかと思います。アニメ中では音ノ木坂学院の近くらしいですが、梨子が行くのを拒否!やっぱり何かありますね・・・この回から丸ちゃんに食いしん坊属性が備わりました。

翌日、いざパフォーマンス!というところで次回へ続く。発表順は2番手とのことでやっぱり前座かーとAqoursが話している中、ライバルユニットが先に発表することに。セイントスノーというらしいですが、この人たちトップバッターってことは実はもしかしてかませいn 

 

~8話~

結果から言うと、Aqoursのイベントでの結果は最悪でした。人気投票での獲得票数は0(セイントスノーは9位でした、ほらやっぱr) 。自信を失いつつあるメンバーを自分が一番辛いはずなのに必死に空元気で励まそうとする千歌を見てるのは辛かった・・・

意外にも善子ちゃんが気を使っていたことはポイント高いですね笑

曜の悔しくないの?という問いかけに本心を出せない千歌。そのまま沼津へと帰国。

沼津駅では友人とダイヤさんが出迎えてくれてここでルビィがついに折れてしまいました。

という展開からついに3年生の過去が明らかに。

簡潔にまとめると、

三年生が一年生の時3人でスクールアイドルをしていた。そして同様にこのイベントに招待されたものの雰囲気に圧倒され全く演技できなかった

というもの。なるほど、やはりという展開です。果南が何かやっちまったような描写でしたねぇ・・・

それにしてもこのダイヤ様優しすぎる・・・

一方その頃、果南と鞠莉も話をしていました。リベンジしようアイドルしようという鞠莉と、辞めさせるべきだという果南の対立。譲らない果南に対してハグしようとする鞠莉。しかし、果南はこれをスルーして立ち去ってしまいました。このシーンはかなり見ていて辛かったです。なお、3人でアイドルしていた頃を宝物のように思っている鞠莉は泣きながら訴えますがこれも果南には響かず。鞠莉がとても人間味あふれていてとても好感度が上がりました!しかし、ここまで鞠莉を突っぱねる果南には何か理由があるのでしょうか・・・

 そして、メンバーが真実や自分たちの結果を受け止め、それぞれ自宅で思いつめる中夜明けが。海の中で梨子にようやく素直になる千歌ちゃん。良いシーンでした。

なんとなくStep! ZERO to Oneをほうふつとさせる回でした! 

 

~9話~

控えめに言って神回でしたね。

正直、未熟DREAMERってタイトルを聞いて新曲だろうなぁとは思いましたが、おふざけ回からの新曲だろうと思ってました。だからポテチとミルクティーを買って気楽に見ていたのですが・・・

開始のOPまでの一幕で果南がスクールアイドルをやめることを宣言、ダイヤもそれに賛同し鞠莉だけがなんでこうなってしまったかわからない状況になってしまいました。新曲用の衣装を見せつけるも、二人の心は動かせずここで鞠莉の時計は止まってしまったように見えました。この時点でなんとなく展開を察し、ポテチへと手が伸びなくなりました。果南推しとしてはみててすごくつらい展開でした。

f:id:cacao_poke:20160828222650j:plain

 OP後はここまで登場数の少ない果南の性格が描かれていました。とにかく、失敗を引きずるような性格ではないことが協調されていました。1,2年生はルビィから話を聞き出すことに。とにかく果南が失敗から逃げ続けていると思い込んでいる鞠莉に対してダイヤは逃げてはいないとその考えを強く否定していることをメンバーは知りました。逃げている、いないとはなんなのか混乱し、とりあえず果南を尾行してみることに。すると、淡島神社で踊っていた果南の目の前に鞠莉が現れ、説得にかかるのですが、もうあなたの顔は見たくないとかなりきつい一言で突き放されてしまいました。言われた鞠莉も相当悲しい顔をしていましたが、言った果南も相当辛そうでした・・・

f:id:cacao_poke:20160830211103j:plain

そして、果南が復学。ここで鞠莉が2年前のあのシーン、衣装を見せつけるところからスタート。しかし、その衣装は無情にも教室の外へ捨てられてしまいました。

f:id:cacao_poke:20160830211127j:plain

(制服オタク・・・)

3年生の教室で鞠莉VS果南が勃発。それぞれの主張は以下の通り。

果南:東京のイベントで歌えなかったから、ただそれだけ。未練なんてない。

ダイヤ:果南さんは逃げたわけではない。いくら説得してももう二度とスクールアイドルはやらない。

鞠莉:2年前の失敗をいつまでも引きずるな!

そんないたちごっこに千歌が怒り、いよいよ過去が明かされることに・・・

それぞれの真実は以下の通り。

 果南&ダイヤ:自分たちが誘ってしまったスクールアイドルで鞠莉の将来の色々な可能性が閉ざされてしまうのではないか(留学や転校を鞠莉が全て断っていたため)。そして、東京スクールワールドでの演技の時鞠莉が怪我をしていたからわざと歌わなかった。果南はいつも鞠莉を見てきた。ちゃんと気持ちも伝えてきた。

鞠莉:3人でスクールアイドルをしていた時間は宝物だった。イベントで果南が歌えなかった。花火大会に向けてパフォーマンスを完璧にして果南にリベンジをさせてあげたかった(不器用だから気持ちを伝えられなかった)。私のことを考えてくれていたなら気持ちをちゃんと伝えてほしかった。

 

全ての事情をダイヤから聞いた鞠莉は雨の中部室へ。この走ってる鞠莉の作画すごかったです。走り出すまでの昔の思い出の回想がすごく切ない。このあたりから涙腺が・・・ 果南は"ちゃんと"気持ちを伝えてくれていたのに気付けず、さらに自分は気持ちを"ちゃんと"伝えられていなかったことに気づき、部室で"ちゃんと"伝えることに。ちゃんと伝えた後、果南にビンタがさく裂。いくら酷いことを言われても、果南を思う気持ちでずっと果南を信じてきたんでしょうね。果南は果南で本当に顔を見たくないなら呼び出しに応じないはずでしょうし。果南にもちゃんと伝えてよと怒られ、だから叩いてくれとばかりに頬を差し出しますが、返ってきた答えは、一番初めの出会いを想起させる「ハグ、しよ」でした。ここで果南も鞠莉も僕も涙腺が死亡しました。特に、前回の8話で鞠莉がハグしようとしてもスルーされてしまっていたこと、果南の口癖?挨拶のようなハグしよ、がこの形でアニメに入ってくるとは思いませんでしたねぇ。

 この二人の和解(加入)を見届けたダイヤも無事にAqoursに加入。気持ちがすれ違っていた3年生の時が再びAqoursという奇跡により動き出しました。

からの、未熟DREAMERですよね。イントロ聴いた瞬間鳥肌が・・・

歌いだしが果南ということもあり聴き入っていました。歌詞が今までの三年生のことを表していたり、旧Aqours衣装から新Aqours衣装へのチェンジ演出、三年センターからの千歌という新リーダーへのセンターチェンジ演出など今までよりもすごく凝っているように思えました。花火大会ということもあり、わかってはいたのですが静かな間の後のサビで再び鳥肌。素晴らしかったです。

CDが発売されたのでフルで聴きましたが、3年生が大サビでもう一度ソロパートがあり本当に鳥肌がとまりませんでした。生で聴きたい・・・

最後に砂浜のAqoursの真犯人が明かされました。あのダイヤ様可愛すぎ。

3年推しなので9話だけ異常に長くなってしまったw

 

~10話~

 いよいよ、9人が揃って初めての日常回!

とは思いましたが、最終回までにもうひと波乱はあるなと思っていました。

案の定、冒頭で梨子にピアノコンクールの案内が・・・

夏と言えば?というダイヤさんの問いかけからスタート。ルビィが見事正解であるラブライブを当てると姉のシスコンが発揮。この回でダイヤさんが一気にポンコツ化しました、やりすぎぃ!それに向けた練習メニューとしてどっかの山頂アタックさんの考案したメニューを極秘に入手してきたようです。果南しかできないよ!

実際には実現できず、海の家の手伝いをすることに。果南さん、グラマラス!

シャイ煮は食べてみたいですが†堕天使の泪†はちょっと・・・w

海の家をしつつ、千歌の旅館で合宿をこなす中ふとしたときにピアノコンクールの事を知った千歌。梨子を明け方に起こしてラブライブ予選と被っているけどピアノコンクールに出てほしいということを伝えました。変な人と再び言われながらも大好きだよ(意味深)といいピアノコンクールへの参加を決心した梨子。こんな大事なことを二人で勝手に決めていいんでしょうか。次回、友情ヨーソローということなのでなにかこの辺の問題にあたることになりそうですね。

 

~11話~

千歌と曜の互いの気持ちを梨子を介して再確認させる回でした。

一人苦悩する曜にナイスタイミングで電話をかけてくる梨子、さらに梨子から千歌の気持ちを聞いたタイミングで現れる千歌、本当主人公・・・

2年生間に生じ始めていたわだかまりも無事解決し、より一層仲が良くなりました。鞠莉からの「本当の気持ちを伝えられずに2年も無駄にしてしまった。」というセリフの説得力はすごかったw

ピアノコンクールに参加するため上京中の梨子、梨子も含めた9人でもう一度ステージに立つために予選突破を目指す残りの8人。お互いの気持ちを乗せて作り上げた曲が

 

「想いよひとつになれ」

 

開幕前に梨子がくれたシュシュをつけた腕を高々と掲げ、梨子も演奏前にシュシュの腕を掲げるシンクロ演出。舞台袖からステージ、ピアノに向かう間に千歌がスクールアイドルにこだわった理由を曜と梨子が明らかにしていく演出、すごく良かったですなぁ。

 

曜「千歌ちゃんにとって輝くってことは、自分ひとりじゃなくて、誰かと手を取り合いみんなで一緒に輝くってことなんだよね。」

梨子「普通のみんなが集まって、一人じゃとても作れない大きな輝きを作る・・・その輝きが学校や聴いてる人に広がっていく・・・繋がっていく・・・」

曜「それが、千歌ちゃんのやりたかったこと、スクールアイドルの中に見つけた輝きなんだ!」

からの千歌ちゃんのソロ。完璧かよ・・・

振り付けもみんながピアノを弾いているように見えますね。きっと梨子が以前作った「海へ還る者」がベースになっていて、千歌が夏合宿中ずっと考えていた大切なものをテーマとした作詞を完成させて合わせたんでしょう。千歌と曜だけのダブルセンターも見事決まりました。ここの歌詞が何かを掴むことで、何かを諦めない。でした。ここにも梨子にピアノを諦めないでほしいと言った千歌の気持ちが詰まっている気がします。さらにここで観客のブレードが一斉に桜色に。この舞台にいない梨子も想いはひとつということが表現されていました。

というわけで、最終回前ですが個人的にはこの曲が一期のAqoursとしての集大成の曲なのかな、と思いました。

 

~12話~

はばたきのとき。

一体何から羽ばたくのかな。

予選の結果を確認するシーンから始まりました。もちろん突破していました。そりゃそうだ。結果発表までに落ち着けなくて走りに行っちゃいそうな果南ちゃんが可愛かった。

PV再生数も伸び始め、予選突破も決定しさぁ学校名も知れ渡った、説明会申込み者数も増えただろうと意気揚々としていると再び立ち塞がった0。

µ'sはこの時期には廃校を阻止していたことも知り、一体自分たちと何が違うのかを知るため再び東京へ。東京でピアノコンクールに参加していた梨子と合流するのですが・・・こいつ、完全に腐ってやがる・・・

お土産()をロッカーに詰め込み秋葉散策を開始 。なんと千歌がµ'sに関して話をしてくれるすごい人にアポを取ってくれたらしいです。神田明神で!

もうこの時頭に浮かんでたのはたった一人ですやん?まじでくるのか!?来ちゃうのか!?そんな心境の視聴者と黒沢姉妹を尻目に現れたのはセイントスノーのお二人でした。あれ、この人たち道民じゃなかったけ・・・

色々話を聞いて判明したことは

・再生数はAqoursの方が上になった

・A-RIZEに憧れてスクールアイドルを始めた

・勝ちに拘るのは当たり前

・結局、伝説の2組の何がすごかったかはよくわからない。だから、優勝して同じ景色を見てみたい。

とのこと。優勝の景色を見たい、という部分にはすごく賛同できるけど勝ちに拘りすぎかなと思いました。もちろん、µ'sもA-RIZEも優勝は目指してたけども・・・「この瞬間、お客さんを一番楽しませる存在でありたい。」「今日みんなを一番の笑顔にするわよー。」くらいの気持ちがないと彼女らに追いつくのはなかなか難しいのではないかなぁ。

結局、何も得られなかったので音ノ木坂に赴いてみることに。おそらくみなさんこの辺は心臓バクバクだったでしょうw僕も体をうねうねさせながら見ていました。そして、いざ校門へ。感動する9人の元に現れたのは謎の生徒でした。生徒は言いました。

「µ'sは、彼女らは、何も残していかなかったんです。物がなくても気持ちは繋がっている、それでいいんだよ。という理由で。」(大体こんな感じのセリフ?)

いかにもほのかが言いそうなセリフだなぁ、と思いつつも、これは視聴者、特にµ'sを応援してきたラブライバーにも語りかけているように感じました。ファイナルライブ以降µ'sという存在は次第に街から秋葉から消えていっていますが、やっぱりあの時の気持ちは忘れてはいけませんね。

さらにこのセリフとほぼ同時に、すごく見覚えある顔に似た子がこれまたすごく見覚えあるシーンを自然に再現していてグッときました。µ'sは何も残さなかった(この場合のµ'sが何を指しているかはまた別の話)とのことですが、個人的にはµ'sの意思を直接受け継ぐ人(ありゆきとか)が何も残さなかったんじゃないかなと思いました。飛ぶ鳥跡を濁さず!そして、教えてくれた生徒も瞬身の術でいなくなりました。劇場版のシンガーといい何者なんでしょうね。

結局、よくわからないまま帰宅へ。途中国府津を通るのですが千歌が例の浜に寄って行かない?と提案。多分千歌は何か気づいたのでしょう。話は逸れますが、12話放送前に導かれるように僕も浜に聖地巡礼に行っていました(奇跡だよ~)。高速道路下の階段は取り壊されていたので悲しくなりました。µ'sの想いと、Aqoursの決意を生で体感してみたい方は是非行ってみてください。また、無印の二期11話に出てくる涙の駅は根府川といって東海道線でさらに東京から離れるとある別の駅ですのでご注意ください。話は戻ります。千歌や他数名が気づいたµ'sのすごいところは、一番になりたいとか誰かに勝ちたいとかじゃなかった。何もないところを、何もない場所を思いっきり走ったことだ。みんなの夢を叶えるために・・・自由にまっすぐに、だから飛べたんだ。µ'sみたいに輝くってことはµ'sの背中を追いかけることじゃない。自由に走るってことなんじゃないかな!ということ。だから追いかけても比べてもいけない。これにはすごく納得しました。みんなで叶える物語がみんなで叶え"た"物語になったように、Aqoursも周りを巻き込んでどんどん進んでほしいと思います。頑張って0から1にするという目標を叶える過程を応援していこうと思います。

場所は突然根府川駅のホームに移ります。千歌からほのかへメッセージがありました。憧れと目標は違う。しっかり自分たちの目標を目指します。という内容とともにAqoursがµ'sからのはばたきのときを宣言し、これまた見覚えのある羽根の演出が!ずるい・・・

是非、µ'sが見せてくれた景色とは違うAqoursだけの景色を我々にも見せてください。

 

 

以上、12話までの振り返りでした!

9話までの流れで果南は推すことが確定。後半とスクフェスのおかげで梨子がまさかの2推しに返り咲きという事態になりました。浴衣SSR可愛すぎる・・・

さて、9月も後半です。台風も多いですが、色々な総選挙が開催されているので打倒ヨーソローできるようにみなさん頑張りましょう!

 

次回で最終話と総評をしてみたいと思います。それでは!

 

聖地へ行こう!for 沼津&内浦

ラブライブ!

アニメも前半戦が終了し、ようやく聖地に行くことができました。

写真を交えつつ紹介していきたいと思います。

 

~AM4:40~

ついに内浦到着。

到着と同時に夜も明け始めました。もちろん、この時間帯はお店も開いていないのでとりあえず観光案内所の駐車場に止めて付近を散策することに。

f:id:cacao_poke:20160818153844j:plainf:id:cacao_poke:20160818154029j:plain

夜明けの内浦はオタクもいないのでおすすめです笑

それにしても、観光所をはじめとしてサンシャインへの力の入れ方がすごいですね。町全体が盛り上げようとしてくれています。すごい!

さて、観光案内所もまだ外観しか見学できないのでさらに移動することに。次に向かった場所は千歌の実家もモデルである某旅館へ。旅館の反対側にある浜も聖地ですので外せないポイントです。

f:id:cacao_poke:20160818154436j:plainf:id:cacao_poke:20160818154555j:plain

人がいないから良い写真が撮りやすい!

もう少し薄暗かったこと、6話終了後ということもあり夢で夜空を照らしたいごっこをしていました。また、ここでは舞台めぐりというアプリが起動でき、ARで曜ちゃんと一緒に敬礼写真を撮っていました。8月の海だからといっていきなり海に飛び込もうとした人はいませんでしたw ちなみに梨子ちゃんが飛び込もうとした桟橋は後ろ側に存在しています。この付近は松月だったり漁協だったりとスポットが散在しているので一通り見た後、ついに学校に向かうことに。

 

~AM6:30~

学校前のバス停に到着。

f:id:cacao_poke:20160818155403j:plain

奥にある小屋?がEDでメンバーがぽんぽんを振っている場所ですね。善子ちゃんが乗ってる岩もちゃんとあります。飴を差し出せば木の裏からルビィちゃんが出てくるかなと思いましたが、龍角散しかなかったので諦めました。この場所はアニメでもよく登場しますよね。小屋の手前に階段があり、そこを登っていくと学校に行くことができます。

f:id:cacao_poke:20160818155823j:plain

 学校まで行くとわかりますが、看板で注意喚起がされています。生徒がいる時間には撮影はしないでください。よろしくお願いいたします。

感想は、普通の中学だなって感じでした。以上。

さて、現在時刻はAM7:00。シーパラダイスや松月が開店するまでまだ2時間あるのでさすがに暇になりました。ということで、予定を変更し沼津駅に行ってみることに。

 

~AM7:20~

沼津駅に到着。なんかすごい既視感でした笑

f:id:cacao_poke:20160818160306j:plain

さらっとアニメでででてきたところを振り返りつつ、コラボバスとタクシーを探すもののみつからず・・・ 散歩ついでに善子ちゃんの家を探すこと、夏祭りの舞台となっている狩野川へ。

f:id:cacao_poke:20160818160808j:plain

茶色のマンションが善子ちゃんの家かな?わかりませんが・・・

沼津を散策しているといい時間になっていたので内浦に戻り、松月へと向かいましょう!

 

~AM9:10~

10分出遅れた!すでに松月には待機列が・・・ みかんどら焼きは買えるのか??

f:id:cacao_poke:20160818161117j:plainf:id:cacao_poke:20160818161330j:plain

 (開店前の写真)

みかんどら焼きは無事に買えました。みかんパウンドは売り切れでした。オタクばっかりが訪れていましたが、経済効果がすごいのでしょうね。店内もかなりラブライブ仕様になっていました。カフェスペースが備えられており、AqoursのみんなもここでPVを作っていて、奇跡的にその席だけ空いていました。

今回は混雑もあってどら焼きはテイクアウトしました。購入し店の前に出ると

f:id:cacao_poke:20160818161607j:plain

コラボバスが目の前を通過!!

しかも近くのバス停に停車。あわてて追いかけました。(バスダッシュ一回目)

色々と目的を果たしたのでいよいよシーパラダイスに向かいましょう!

 

~AM9:50~

ゆらゆーら揺れながら、真珠の時計♪

f:id:cacao_poke:20160818162328j:plain

恋になりたいAQUARIUMの聖地がたくさんありますね。楽しみです。

早速入場するといきなり写真撮影をされることに。家族連れならいいんですが、それなりの装備をしたオタクの集合写真なんて撮ってどうするんや。ここで撮った写真は出口に陳列されているのでお帰りの際に購入することができます!公開処刑

さてさて、水族館を順路通りに進んでいくとゴマフアザラシとセイウチ水槽が。セイウチはずーっとプールを往復してるだけだったのでなんか悲しくなりました。セイウチ水槽もPVに出てきましたね。さらに進んでいくと突然目の前にクラゲ水槽が!

f:id:cacao_poke:20160818204037j:plain

うーん、ピンボケ。暗いからなかなか撮影が難しいんですよねぇ。曜がよりかかって切ない表情をするシーン。もちろんオタク一同みんなこのポーズをしていくわけですが、家族連れからしたら(なんでこの人たちクラゲ見ないで寄りかかってるんだろう。)ってなりますよね。お盆の日曜日ということもあって人が多すぎてあまり写真を取れなかったのであとはダイジェストでどうぞ!

f:id:cacao_poke:20160818204501j:plainf:id:cacao_poke:20160818204614j:plain

うちっちーはいませんでした、ショック・・・

イルカショーのところでみかんどら焼きをいよいよ食べてみることに。

すげぇ美味しかった。通販してほしいし普通にこれを食べにもう一度行きたい笑

色々と見学も終わったので次を目指しましょう。

 

~AM11:20~

観光案内所に戻ってまいりました。いろいろ展示されていて面白かったです。聖地ではないですが、ぜひお立ち寄りください。

f:id:cacao_poke:20160818205200j:plain

伝統的な?灯篭流し祭りで流されるラブライブ灯篭が展示されていました。無印の方もそうですが伝統的な祭りとコラボするのはすごいですよね。

 

~AM12:00~

淡島に乗り込む前の腹ごしらえ。ミニストップでお弁当をおいしくいただきました。

 

~AM12:30~

いよいよ淡島に向かうことに。待ってて果南ちゃん。

ところが、混雑していて駐車場にすら入れず遠目の駐車場に止めて無料送迎バスで船着き場へ。船着き場にはオタクと家族連れによる長蛇の列が。しかし、5時間までなら余裕で待てる、と全員の意味不明な万上一致により並ぶことに。この船着き場から淡島まではコラボ船であるAqours丸に乗れるのですが、混雑を予想してか特に何もない臨時船も運行していました。おかげで30分ほどしか並ばずに乗船できました。余裕だな・・・並んでる間に、淡島方面からヘリが飛んできたのですが、周囲から小原家でしょ。との声が飛び交っていてこいつら鍛えられすぎだろと思いました。なお、臨時船に運悪く乗ることになってしまったライバーからはため息が、乗らずに済んだライバーからは安どの声があがっていました。

f:id:cacao_poke:20160818210106j:plainf:id:cacao_poke:20160818210211j:plain

船内にはいたるところにサインが書いてあります。ぜひ探してみてね。乗船1分ほどでいよいよ淡島に到着です。

 

 ~13:10~

到着!

向かって左に行けばカエル館こと果南ちゃんのダイビングショップ。右に行けば理事長の家こと淡島ホテルがあります。時計回りに進みましょう。少し行くと黒澤姉妹が座っていたベンチもあります。

f:id:cacao_poke:20160818210915j:plainf:id:cacao_poke:20160818211022j:plain

左の写真の奥に少し写ってしまっていますがダイビングスーツが果南ちゃんと着ているものと同じです。また、酸素ボンベが置いてあるのですがそのうち一つが果南仕様になっているのも細かくて素敵!残念ながらここは現実世界なので果南ちゃんはおらずカエル館となっていますが、いろんなカエルがいてとても楽しかったです。このあたりは海がきれいで野生の魚がよく見えました。島全体がマリンパークというのもうなづけますね。

さらに進んでいくと見えてきたのは・・・

f:id:cacao_poke:20160818211657j:plain

 デデドン!!

ついにきてしまいました、淡島神社。果南ちゃんは息も切らさず毎朝駆け上がっているようですが・・・傾斜もきつく階段がちゃんとしていないので走るのはおすすめしません!というか走るなと書いてありますが。

覚悟を決めて登山開始。最初の階段を上がっていくといきなりあの場所に。

f:id:cacao_poke:20160818212037j:plain

 写真撮り忘れた笑

ここまでは本当すぐにつくのでこの子達体力なさすぎだろwwwと思いました。果南は化け物ですけど。片道15分をハイペースで登っていくととある場所に。

f:id:cacao_poke:20160818212301j:plainf:id:cacao_poke:20160818212355j:plain

ル、ルビィちゃんの気持ちを聞いてあげてほしいずら!

山頂まであと1/3地点にこの展望スペースはあります。そう、ルビィちゃんが決意表明をした場所ですね。眺めも絶景ですので是非立ち寄ってみてください。というか、ここまで登ってきて丸ちゃんは引き返したのかい!

いざ山頂へ。

思ってた以上に何もなく、一度登ったらまぁいいかとなりました。

さて、下山。家族連れはこんな険しいところには来ないのでオタクしかいませんでした。このとき僕は果南のTシャツを着ていたので周囲にバレバレで下山。しかも謎のテンションで若干駆け下り気味の下山をしていたところほかのライバーから「お、果南推しじゃん。負けてらんねぇ。」と言われたりしました。ちなみに息は切れてました。

しばらく休憩をして、島一周の続きをすることに。

淡島ホテルまで特に何もなくって感じです。ろり三年生の結婚式ごっこの会場がちらっと見えました。この時点で15:00。最終船の時間までお土産を買ったり、離宮でデザートを食べたりと普通にマリンパークを満喫。淡島を満喫しきったところで脱出することに。大変面白かったです。

 

~17:00~

黒澤家のモデルとなった記念公園に行こうとしましたが閉園の時間でした。残念。最後にヌーマーズことゲーマーズ沼津店、リトルデーモン店に行くことに。ヨハネ可愛かったけど、秋葉ゲマに通いなれているせいですごく狭く感じました笑

 

ここで我々ご一行の体力が限界にきたのでいよいよ撤退することに。

運転手には申し訳ないですがぐっすり眠りながら帰りましたとさ。

 

 

となるわけもなく、なぜか帰り道の方がみんな元気全開DAYDAYDAY。一通り曲を合唱した後すわわウィルスを全員に注入しました。今後、みんなすわわに目覚めるでしょう!

 

こうして我々の聖地探訪は終了しました!こんなに長いこといたのに回りきれませんでした。もっと泊りで行きたいなと思いました。今後、アニメが展開していくうちにまた聖地も増えるでしょう。

今後もサンシャインに期待!!

ラブライブ!サンシャイン!!前半戦感想

ラブライブ!

f:id:cacao_poke:20160717233120j:plain

2016年夏アニメとしていよいよ放送が始まりました。

µ'sの展開が極端に少なくなり、サンシャイン否定派も多かったようですがアニメPVが公開されてからは前評判はかなり上々でした。僕もすごくわくわくしました。

PV公開前は梨子推しかなぁ、と思っていましたがStrawberry Trapperの発売や公開されたPVを見てヨハネに堕天しました。とりあえずヨハネ推しとしてラブライブ!サンシャインを鑑賞することにしました。

支離滅裂な小学生並みの感想文ですが興味あればお付き合いください。

 

~1話~

 

千歌が発起人となり始まったラブライブサンシャイン。秋葉原でのµ'sとの出会いが衝撃的だったようで「輝きたい!」をキーワードにスクールアイドルの活動が始まりました。しかし、本当に何も知らなかったらしく曜がいなければどうなっていたことやら・・・そうこうしているうちにいきなり海に飛び込もうとする謎の美少女が。この美少女は後にメンバーとなる梨子ちゃんでした。作曲に困っている中現れた作曲できる子が現れるなんて、なんて都合g(ry アニメ化前から梨子は音ノ木からの転校生であることは判明しているので今後これがどう関わってくるのかそれとも特に何もないのか気になるところです。必死の勧誘むなしくことごとく梨子には断られてしまいました。まぁ地味()設定ですからね。

f:id:cacao_poke:20160812000150j:plainf:id:cacao_poke:20160812000213j:plain

アイドルになるのを断るのは当然と言えば当然ですね()。各キャラがちらっと出てきてそれぞれ個性を発揮していきましたが、やはりマリーにすべてを持ってかれましたね笑。変顔枠としてのヨハネも可愛かったです。3年生は過去に何かがあったと思わせるような素振りでした。さてOPですが、個人的にすごく好きです。テンポがすごく好き。演出もいいですよね。

f:id:cacao_poke:20160811235948j:plain

決めたよHand in Handもすごく好きです。テンポがすごく好き。まだ加入してない梨子が巻き込まれて困惑しながら踊ってるのがなんか面白いです。この2曲をとにかくLiveで聴きたいですね。Liveの詳細も発表されました。2daysで横浜アリーナ、キャパは17000からステージ分が引かれるため15000ほどでしょうか。ちなみに4thラブライブSSAアリーナモードは33000のキャパで落選祭りでした。その半分のキャパです()。あれ、これ詰んでるのでは・・・???とか言ったら当たりませんからね。絶対現地に行きます。なぜかこのあたりから推しが果南かヨハネになりました。梨子ちゃんは申し訳ないけど思ってたキャラと違ってたから推しにはならないかなぁと。サービスショットありがとうございます。

 

~2話~

転校生を捕まえる回ですね。このあたりからµ'sをかなり意識しだしています。しかし、自分の制服を着た女の子が踊っている動画を見せられて無関心な梨子ちゃん。本当に知らないだけなのか、実はなにかあるのか気になるところです。曜ちゃんの万能さもこのあたりからどんどん出てきました。2話は梨子回と思いきや巧妙なダイヤ様回。まさかダイヤ様がこちら側の人間だったとは・・・ぶっぶーですわ!からのドヤ顔で株が急上昇でしたね。

f:id:cacao_poke:20160812000458j:plain

というのは置いておき、本当はちゃんと梨子回です。梨子がピアノに執着する理由、過去のトラウマなどが少しずつ明かされていきました。こうした中自分でもどうしていいかわからなくなったときお隣さん()の千歌が手を差し伸べてくれました(ユメトビ上手かったですね)。どこかµ'sを思わせるような発言で梨子を引き込むことに成功しました。手と手を合わせるシーンは、落ちるぞ危ないぞと思いながら見ていました。

f:id:cacao_poke:20160812000621j:plain

そしてEDが初解禁。2年生ver.すごく好きです。早く合唱したいです。

f:id:cacao_poke:20160812000638j:plain

 

~3話~

鬼門の三話です。失敗からのスタートになるか、成功からのスタートになるか・・・

曜が衣装&振付担当するとは・・・この娘完璧かよ!

どこぞやの陸、海、空!を意識したネタ的衣装からスタダ風衣装までデザインできるとかことりもびっくりですね。2週間ブゥリに登場したと思えば新理事長になると言ってのけた某キャラからの提案として浦の星の体育館を満員にしないといけなくなり宣伝も開始。曜の謎のコミュ力で宣伝も上々でした。もう一人でなんでもできるんじゃないか?この人。ユニット名もついに決定しましたが、なんかあっさり決まりすぎたし謎が多いような気がしました。誰が砂浜に書いたのか今後明かされるのでしょうか?

f:id:cacao_poke:20160812000822j:plain

紆余曲折ありいよいよファーストライブ。一見すると失敗からのスタートでしたが最終的には成功からのスタートと言える出だしだったのではないでしょうか。停電で中断されてしまったけど”誰か”がサブバッテリーで電力を復旧させてくれたおかげで無事にライブは成功ですわ。果南も見学には来ていましたが表情一つ変えずに立ち去りました。いったい過去にナニガアッタンダー。「私たち、輝きたい!」ということで、今後各キャラがどんな輝きを見出していくのか期待してます!(かなり正直な感想を言ってしまうと本家の3話の出来が良すぎて、サンシャインではあまりグッときませんでした・・・)

 

~4話~

「ラブライブサン...」の画像検索結果

まず思ったことは、いやいやまきりんぱなには敵わんだろwwってことですね。花丸とルビィの回でした。花丸の描く物語風にストーリーが進んでいき、ルビィが姉に対して意志をぶつけるシーンがありましたがセリフはカット。きっとダイヤ加入回で明かされて、あのときのあなたの言葉で気持ちが変わり始めたんですの、とかそういう展開になりそうですね。丸的にはルビィの願いを叶えたということで丸の願いも叶い、物語は終了だったのですが、その後丸の描いていたストーリーにはない続きがあり丸もスクールアイドルを始めることに!

淡島神社に行かないといけませんなぁ・・・ダイヤ様が案の定絵里推しで面白かったのとりんぱながルビ丸のなかに生きていたのも驚きでしたが、ここまでµ’sとリンクさせようとすると少し強引すぎるとも思いました。

f:id:cacao_poke:20160815230531j:plain

「新しいわたし」を引き合いに出して丸の成長を描くために必要だったのかなとも思いますが・・・さて、結論ですが、まきりんぱなとは別路線で勝負してくれたので良い回だったずら!

 

~5話~

ヨハネ、召喚。

個人的に運命の分岐点です。ヨハネ推しになるか果南推しになるか・・・堕天使なんていないってわかってるのに黒歴史を放送しちゃう善子ちゃん可愛い。誰かが引きこもりを救出するのかと思ってましたが、自分の悪口言われてないか気になって自分から登校しちゃう善子ちゃん可愛い。普通の生活を送ろうとする中、墓穴を掘ってしまいますがなぜか千歌の目に留まりスクールアイドルに一時的に加入することに。堕天使アイドルを目指しますが生徒会長に怒られて強制終了!より一層堕天使としての自信を失い善子に戻ろうとするヨハネでしたが、自分を見失っちゃだめだよとAqoursメンバーに言われ堕天使メンバーとして加入するのでした!めでたしめでたし!ラストシーンは意味深でしたが、まぁ廃校だろうなと。

結果、ヨハネ推しになるには決め手となるシーンやエピソードがなかったので果南推しに決定!(もちろんこれから推し変も十分あり得ますが・・・)ヨハネより善子ちゃんの方が可愛いしねぇ。なんとい言ってもろり丸が全てを持って行った!巧妙な丸回でしたね。さて、果南推しになったわけですがこの回でも果南は登場せず・・・しいたけのほうが出番が多いなんて!

 

~6話~

ついにきた!廃校設定!

初期のジーマガでも果南が廃校決定していると言っていたこともありまた廃校かーと昔は思っていましたが、アニメ本編では何の音沙汰も無く消された設定なのかと思っていました。ただ、ただの廃校ではなく他校との統廃合であるため喜ぶメンバーもいれば嫌そうなメンバーもいたりと様々でした。さすがにµ'sと同じだー!!と喜ぶのはすっげぇなと思いました。

3年生組の過去も徐々に明らかになってきて、やはりスクールアイドルをやっていたようですね。あの感じだと果南が何かやってしまったのかなと思いました。今後の深堀に期待します。また、あの当時の衣装が青ジャンの衣装に似ていた(元となった?)ので全員集合した後オープニングに繋がっていく可能性がありますね!

話は戻りますが、やはり廃校阻止に動き出したメンバーたち。まずは街をPRするためにいいところを紹介するPVを作ろうとします。なんとか制作したPVですが理事長にはテイタラァクと言われる始末。この街の魅力とはなんなのか、試行錯誤する中街の恒例行事である海開きのゴミ拾いが行われることに。千歌をはじめとした地元民のメンバーはいつものことなので何も思わずに作業を始めるのですが転校生の梨子はこれがこの街の良いところ(街の人が総出で一体となるところ?)ではと気づき、千歌がこれをPVにするためにスカイランタンを作成、みんなで飛ばすという演出を行う提案をしました。いやぁこの6話挿入歌は歌詞といい、テンポといい最高ですね。3話でAqoursと書かれていた浜から街の人の協力でAqoursの文字が大空へ飛んでいき夢で夜空を照らしていました。今後大きく羽ばたいていくことを想像させる素晴らしい演出でしたし、ライブでみんなで再現するのもすごく楽しみです。6話は前半で一番好きな回になりました。

f:id:cacao_poke:20160811235847j:plain

(この梨子本当可愛い)

ラストの千歌が可愛すぎる!セリフ的にもすごくいいことを言っていました。何もないと思ってたけど追いかけていきたい、これはどこかに繋がっていきそうなセリフですね。

まさに"今未来変えてみたくなったよ!"な回でした!

 

以上、前半戦あらすじ&感想でした!

そして前半戦を終えたこのタイミングでようやく聖地巡礼が決定しました。

次回はそちらをレポートしたいと思います。

それでは!

 

 

【単体考察?】サイクル用チョッキコジョンド【S16最高レート1764(笑)】

ポケモン

f:id:cacao_poke:20160630235344p:plain

こんにちは。中堅トレーナーです。

今回はXYの時から使用しているコジョンドについて紹介しようと思います。

では、コジョンドについての基本情報から!

f:id:cacao_poke:20160627234116p:plain

とくこうが無駄に高い、耐久が低いという弱点が目立ちますね。すばやさがガブリアスメガガルーラより速いのは良いことですね。

特性は精神力、再生力、すてみとなっています。すてみを選んでとびひざを高火力でぶっ放すのもありですが、今回は再生力コジョンドについて考察してみようと思います。

 

使用経緯

サイクル戦が好きなのでどうにか面白い構築を組めないか模索していました。サイクル戦の代名詞といえばトンボルチェン。これを使えて火力と素早さがあるポケモンを探してみるとコジョンドが引っ掛かったわけです。さらに上記のとおり再生力を持っているのでサイクル戦に組み込みやすい!ということでここから構築模索を始めました。

 

案① 受けループ

サイクル戦向けパーティーの究極系とでも言いましょうか。数値受けや圧倒的回復ソースを武器に相手の体力と精神をじわじわと削っていきます。この受けループにナチュラルにコジョンドを混ぜてみたのですが、数値受けできない、中途半端な火力、誘うゲンガーに弱い、役割が特にないと全くいいとこなしでした。物理耐久なんてマンムー地震に後出しできないレベルですからね・・・

というわけで、この案はボツでした。

 

案② 相性補完サイクル

単純にコジョンドの苦手な部分を埋めていこうというパーティー案です。やっぱり最も警戒するのはファイアローですね。トンボルチェンかつアローストッパーとして水ロトムを採用しました。ここまでで重たいのがジャローダキノガッサあたりなのでメガフシギバナを投入。ここまででさらにどうしようもないのが眼鏡ラティやメガボーマンダ、ゲンガーですね。こいつらを一気に上から制圧できる駒としてスカーフサザンドラを採用。残り2駒でガブリアスに厚くしたいのでマンムーとメガリザードンXを採用しました。今回の記事はこのパーティーについて書いていきます。

コジョンド

f:id:cacao_poke:20160630234311j:plain

ようき@チョッキ

ねこだまし、とんぼがえり、とびひざげり、つばめがえし

このパーティーの主役。再生力を活かし、ねことんぼで回復しつつ相手を削ります。珠をもたせて火力を上げてもいいですが、特殊ポケモンにあと投げしてサイクルを強引に回したかったということもありチョッキで採用しました。眼鏡水ロトムハイドロポンプを耐えたりと結構耐える範囲は広がりますが、元々が紙耐久であるため過信はしてはいけません。主な役割は、メガガルーラの牽制とサイクルを回して後続のメガリザードンXの全抜きできる環境を整えることです。 努力値振りについてです。HPについては実数値を159にしています。理由としては定数ダメ最小の16n-1かつ再生力効率を考えた3nを満たしているからです。素早さは最速ガブリアス抜きにしてありますが、最近のガブリアスはスカーフが多いのであまり有効な調整ではないかもしれません。さらにダウンロード対策でDに4振りして、残りをAに回しています。この振り方でなんとかAB振りメガガルーラをねこひざで高乱数一発となります。 ダメージラインとしては ねこ+ひざでHBポリ2をギリギリ落とせない。(これに関しては特化メガバシャのひざを耐える化け物なので仕方ないですが…) H振りメガヘラクロスをねこ+つばめでギリギリ落とせない。 といった感じです。落とせないのかよと思うかもしれませんがこれでいいんです。コジョンドの役割はメガリザードンXの起点を作ることが目的なのでニトロチャージの圏内に入れることがお仕事となります。つばめがえしがメガヘラクロスピンポイントなのではたきおとすなり岩技に変えてもいいと思います。あとはねこ+つばめでタスキガッサに強くでれるのは強いと思いましたが。

 

メガリザードンX

f:id:cacao_poke:20160630234333j:plain

ようき@石

ニトロチャージつるぎのまいげきりん、じしん

このパーティーのエース。 無双論理からお世話になっている個体です。コジョンドが頑張って作ってくれた起点を活かして全抜きを狙います。ニトロチャージと剣の舞という全抜きに時間がかかるポケモンですが、炎ドラゴンという絶妙な耐性で起点は意外と多いように感じます。 努力値振りについてです。HPに50振って実数値を16n-1である159に攻撃をぶっぱ、残りをSに回しています。性格をようきにすることでいじっぱりスカーフのガブリアスニトロチャージで抜くことができます。じしんはフレドラとの選択です。パーティー単位でヒードランが重い場合のみ採用でいいと思います。

 

ウォッシュロトム

f:id:cacao_poke:20160701233657j:plain

ずぶとい@オボン

ボルトチェンジ、10万ボルト、どくどく、ハイドロポンプ

アロー受け枠。一時期流行ってたスイクン対策でどくどくを採用しています。正直環境に刺さっていなかったのでもう少し環境に合わせた型を考えるべきでした。環境に合わせたポケモンを育成しないからいつまでたってもレートが上がらないのはわかってはいるんですけどね・・・

努力値ふりはHP252でB130、C128としていました。少しサイクルに負担をかけたかったのでCに振っていますが正直意味不明です。

 

コジョンドの紹介なので詳しい解説はここまでにしておきます。残りのポケモンはさらっと。

マンムー:いじっぱり@たすき がんせき、じしん、つぶて、つららばり

※わんぱく物理受けの方がこのパーティーでは使いやすいと思う。

サザンドラ:ひかえめ@スカーフ あくは りゅうせい ラスカ ほうしゃ

※強かった。

メガフシギバナ:おだやか@石 やどりぎ こうごうせい へどばく ギガドレ

※めざ炎欲しい、物理受けの方が強い。

 

コジョンドを使いたい人の参考に少しでもなればいいかと思います。

どうも最近1800すら乗せられないのでまずい状況です。サンムーンまでにもう一花咲かせたいですね。

 

 

スクフェス感謝祭2016 参加レポ!

ラブライブ!

こんにちは!

経団連が定めた就活選考解禁日がやってきました。

”大手”を受ける皆様は頑張ってください。

僕も今月中に終わらせたおいですね。

並びに、5000アクセスありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

さて、例によってポケモンはまだシーズン序盤ですので特に書ける内容もないのでラブライブネタでつながさせていただきます。

 

さて、タイトル通りスクフェス感謝祭2016に遊びに行ってまいりましたのでそのレポートをしようと思います。

f:id:cacao_poke:20160526230709j:plain

昨年は日程の都合で参加できず悔しかったのですが、今年はリベンジを果たせました。

就活と被らないか心配で優先入場券を買えなかったので朝7:00から並ぶことになりました。

今回も僕を入れて5人のライバーと遊ぶことになり全員で待機開始。ファイナル物販を思い出すレベルの待機列でした。まずは、感謝祭ということで感謝の11連をすることにしました。ありがとうスクフェス!!

f:id:cacao_poke:20160528235435p:plain

ありがとうスクフェス!!

ことりのURが出ました。これぞ感謝祭パワー。

そして、待機してる間に何を買うか今一度チェックし、買うつもりはなかったのですが口車に乗せられて売り切れてなければジャージを買うということに・・・

動物編パーカーを事前通販で買っていたのでなかなか痛い出費でした。

優先入場組がいよいよ入場を開始し一般入場の待機列も動き始めたのが8:00頃。このあたりから早くもことり関連商品が売り切れ始めました。ようやく入場受付を済ませ来場特典をGET!!

うちわやステッカーをはじめとしてなかなかいいものをいただけました。この特典の一つとしてスクコレのプロモカードがあり、µ'sメンバーの誰かをランダムで貰えます。無事に真姫を自引きすることができました。物販待機列はかなりうねうねしておりすれ違う待機者みんなが自分の推しカードと交換するために必死になっていました。こういうのも含めてイベントだなと感じました。なんやかんやしているうちに、12:10分頃ようやく物販会場に到着し、5人はばらばらにw。各々勝手に欲しいものを購入し、再集合しました。なぜかみんなジャージを購入したのでその場でジャージを着て感謝祭に参加することになりました。痛い出費でしたが楽しかったのでおkです。しかし、オタクが動物耳パーカーを集団で着ている光景はなかなかきつかったですね・・・部屋着にします・・・

 

まずは、今回一番参加したかった縁日へ向かいました。なおこの頃にはACスクフェスやほのかUFOの受け付けは終了していました。

縁日も30分ほど並びました。目的はもちろんアルパカお面です。3つのゲームに挑戦し2つクリアすればお面がもらえます。ゲームのルールを熟読しいざプレイ!

一つ目はアルパカ輪投げです。三回投げて一回入ればクリア。置きに行けばよかったのですが変なプライドが働き全部外しました。続いてスイカ割りダーツです。三回投げて一本でも的に刺さればいいのですがシンプルに難しかったです。最後は†闇鍋射的†でした。(・8・)チーズケーキ・・・

そうチーズケーキで話題となったスクフェス15話をモチーフとしたゲームで好きな具材の的を射的していくというものです。これはなんとかクリア。

すべてのゲームで午前中に景品を取られすぎたせいか難易度調整がされていました。僕以外の4人はお面、僕は風船という結果に終わりました。悔しい・・・

次に我々一行が向かったのはヴァイスシュバルツコーナー。ここではフリーバトルができ勝つと2点、負けると1点で計6点集めると特製賞状が貰えます。賞状のためになんとか頑張り紆余曲折ありながらなんとかポイントを集めました。景品配布が5時からでしたので1時間ほどの時間で展示ブースに。もちろんファイナルで着用されたぼららら衣装を見に行きました。もう2か月経つのかーと物思いにふけりながらいろいろ当時を思い出していました。改めてµ'sに感謝しました。

さて、スクフェス感謝祭にはイベントステージがありますね。今年はAquoursの皆さんが頑張っていました。初日は全くイベントステージは見ることができませんでした(展示ブース裏がちょうどイベントスペースで声は聞こえていました)。二日目はニコ生でじっくり見ることができました。Aqoursメンバーもなかなか個性的で面白いですね。安心して応援していけそうです。

そうこうしているうちに疲労もたまったので感謝祭を後にすることに。帰り際、噴水広場がとんでもないことになっていました。噴水広場ではみんなでぴょんぴょんスクフェスが行われており、なぜか挑戦者が観客に向かって推しのコール&レスポンスを行い、さらに課題曲に全員でコールを入れていました。噴水広場はイベント会場からかなり離れていてふつうに一般客も通過する場所でしたのですごい目で見られてました。ファイナル後、会場の一体感にはまってしまったライバーがはしゃいでいたようです。

 

以上がスクフェス感謝祭2016参加レポートでした。半分以上の時間を待機に費やしたので意外と書くことがありませんでしたw

早速感謝祭2017も開催が決定、サンシャインもますます活動が活発になり、来年も楽しみでなりません。とりあえず早いところ沼津に遊びに行きたいです。

 

最後に、僕を含め就活性の皆さん!息抜きもしながら就活ラストスパート頑張りましょう!

 

JCS2016オンライン予選プチレポート~GSルール初参加感想~

ポケモン

こんにちは。

今月はこの前まで行われていたJCSオンライン予選を含めたダブルバトルデビューの感想です。

f:id:cacao_poke:20160504234327j:plain

シングル専門でしたのでダブルの知識は乏しいですが読んでいただければ幸いです。

まずJWCS2016の簡単なレギュレーションの確認から。(詳細は下記URLから)

 

Pokémon Global Link

 

とりあえずGSルールであること、がわかっていれば大丈夫そうです。GSルールとは禁止伝説のポケモンを2匹まで使用できるダブルバトルとなっています。ミュウなどの幻ポケモンは使用禁止です。

 

さて、これに参加するにあたりパーティーを組むことになりましたが如何せんダブルバトル初心者、知識不足、ポケモンがいない、ポケモンがいないということでまずは厳選の都合上どの伝説ポケモンを使うか、つまりパーティーの軸を決めていくことに。GSルールで強いとされる伝説ポケモンはゲンシグラードン、ゲンシカイオーガゼルネアスですね。天候の取り合いが非常に重要となる二匹とジオコントロールを積めば止まらないとされるゼルネアス。今回は僕のROMがオメガルビーだったこともありグラゼルネという並びを使ってみることにしました。次はそれぞれの性格を決めていきます。育成論を見ていると先発ポケモントリックルームを張って遅いゲンシグラードンで突破していく戦術が多いようでした。しかし、ゼルネアスはジオコントロールを積んでいく都合上ギミックが噛み合わないといことになり追い風軸戦術をとることに決め、ゲンシグラードンはいじっぱりで決定。一方、ゼルネアスは追い風下でジオコンをしたいので物理耐久に厚くしようと考えずぶといに決定しました。一般的なゼルネアスは臆病最速が多いようです。軸のポケモンの型が決まったので次はサポートしてくポケモンを決めていきます。戦術の肝となる追い風要員はファイアローにしました。エルフーンとすごく悩みましたが、終盤のお掃除役、ちょうはつで相手のゼルネアスを止める、鬼火でガルーラを止めるなど器用なポケモンかなと思ったからですね。エルフーンだと相手のファイアローに勝てないということもあります。これで追い風軸3匹は決定しました。残りの3匹は乏しい知識からひねり出すことに。ダブルとシングルで大きく違うこと、それはまもるやファストガード、ワイドガードなどの攻撃を凌ぐ系の補助技が勝負を決めるということです。これらの補助技の使用タイミングなどを読み切ることが重要となってきます。このことから考えるとまもってくるやつがわかればそのポケモンは放っておいても問題ないということです。まもらせることで相手に1ターン行動させないという強みもあります。ダブルバトルは相手に行動させないということも重要です。ということで、相手の行動を読みやすくできるポケモンとしてメガガルーラを採用しました。こんなこと考えなくても無難に強いですが・・・技構成は後程紹介しますがとにかくねこだましが強い。ねこだましで相手の1匹を削りつつ行動停止、あるいはねこだまし読みのまもるなどで結果的に行動停止させることができます。ねこすてみでレックウザを飛ばせます。シングルダブルで共通して言えることは親子愛は強い!ってことですね。

さて、残り2枠。もう一つダブルで重要な要素として、威嚇があります。実際みなさんメガガルーラやゲンシグラードンを中心としたポケモンを使ってくるので(どちらのポケモンも両刀が存分にあり得ますが・・・)物理ポケモンの火力を下げられる威嚇はダブルバトルでは重宝されるようです。知識もないので適当に威嚇枠2匹埋めるか、ということでメガボーマンダと霊獣ランドロスを採用しました。正直威嚇枠は2匹もいらないので1匹をいたずらごころ枠にすればよかったと思いました。全然選出もしませんでしたし。

こうして6匹が決まり育成も完了、パーティー登録を済ませて気が付きました。

ゲンシカイオーガどうするの?

 

では、パーティー紹介です。

 

ゼルネアス@パワフルハーブ

ずぶとい 個体値妥協 ほぼHB振り Sはジオコントロール後(もしくは追い風下)130族抜き。

ジオコン ムンフォ まもる きあいだま

f:id:cacao_poke:20160504234659j:plain

エース枠①。いつぞやに配布された色ゼルネです。Xの周回がめんどくさかったから配達員厳選しましたがずぶとい待ちでさらに良個体となると周回した方が早かったかも・・・

まぁ色違いだし!

技は納得いってません。ガルーラや鋼ポケモンに強く出たかったからきあいだまにしましたが、マジカルシャイン打ちたい場面の方が多かった・・・まもるは相手がゼルネアス殺したそうにしてる時に使うのと追い風ターンに使って上からジオコンを積むためです。図太いにした理由は先ほど少し書きましたが、物理ポケに強くなりたかったことです。ゲンシグラードンのだんがいのつるぎは2耐えします。物理耐久あってよかったと思う場面は多々あったので臆病は使ったことないですが図太いはおすすめかなと思います。Cに振らない関係でジオコン後も火力不足感はありました。

 

ゲンシグラードン@べにいろのたま

いじっぱり 個体値妥協 ほぼHA振り Sはゼルネ同様。

まもる ほのおのパンチ だんがいのつるぎ ストーンエッジ

f:id:cacao_poke:20160504235925p:plain

エース枠その②。一般的な育成論ではトリルからの勇敢両刀が多いようですが意地っ張りにしたのは上記のとおり。とりあえず強いのと唯一ゲンシカイオーガとやりあえるポケモンと当時は思っていました。詳しくは後程の対戦感想で!

 耐久に振ることで相手のゲンシグラードンのだんがいのつるぎを耐えるようになります。エッジと断崖の剣という命中不安に泣いたことが多かったです。

 

ファイアロー@脱出ボタン

ようき C抜け5V HSベース 

おいかぜ ブレイブバード ちょうはつ おにび

 

シングル調整のを流用した個体です。シングルではおいかぜがはねやすめになっていた気がします。おいかぜはギミック起動、ちょうはつは相手のジオコンや催眠の阻止、おにびはガルーラランドロスギルガルドなどへのけん制に採用しました。

このちょうはつがかなり役立ちました。基本的にゼルネ展開は阻止できます。

まもる系統の技がないので、ガルーラねこだましで脱出するところが難点でした。おいかぜが一撃で落とされるもよし、脱出して二順目からおいかぜを張りなおす、もしくはブレバでお掃除もできる器用なポケモンでした。

 

メガガルーラ@メガストーン

ようき C抜け5V AS振り

ねこだまし すてみタックル 地震 まもる

 

ねこだましでアローをサポートします。基本的にこのパーティーはガルーラとアローを先発で投げて展開していきます。アローがおいかぜできるかどうかはガルーラにかかっています。冒頭でも述べたようにとにかく相手の行動を止める役割を果たします。行動を阻止できればまもられようがガルーラねこだましが飛んでこようがなんでもOKです。最速なので相手のねこだまししてきそうなポケモンねこだましを打っていきます。ダブルバトルでは縛りの概念も重要らしく、相手のHPを削りこちらの先制技の圏内に入れることを縛るというらしく、ねこすてみなどで2サイクル目のアローのブレバやねこだましで縛る役割もあります。もちろんおいかぜ下ですてみを打つだけのイージーゲームになる場合もあります。

 

霊獣ランドロス@ゴツメ

ようき 個体値妥協 HSベース

じしん いわなだれ とんぼがえり まもる

 

威嚇枠。選出率0%、役割もよくわからないため解説なし!

 

メガボーマンダ@メガ石

ひかえめ A抜け5V CS振り

ハイパーボイス りゅうせいぐん どくどく はねやすめ

 

威嚇枠。シングル流用個体。ダブルバトルには普通にまもるが入ってくるということでどくまもできるかなぁ、という発想から生まれました。選出率も低く、どくもはねもうたないハイボマンでした。通りもよく高火力の全体技を上から打ち込めるといことでそれなりの活躍はしてくれました。しかし、臆病マンダが多すぎてりゅうせいぐんを打ち込まれて倒されることが多かった印象です。

 

・対戦感想

とりあえず新鮮味があってとても楽しかったです。初日は9勝1敗という好成績だったのですが2日目以降ぱっとせず忙しくて対戦もできずという感じで全体的に20戦そこそこしかできませんでした。おいかぜギミックがばっちり決まりジオコンを積んで全抜きしていくのはとても楽しかったです。もう少し知識をつけて対戦にも慣れてからやりたいなと思える大会でした。次回もあれば参加してみたいです。

さて、ここからは感想ということで対戦中やっかいだと感じたポケモンをランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

第5位

化身ボルトロス

ダブルでも健在のうっとおしさでした。でんじはで足を削がれる、ちょうはつが上から飛んでくるなどギミックを思い通りに動かせなくなりました。

 

第4位

ドーブル

何をしてくるのかわからないのが厄介でした。催眠のイメージしかなかったのですが実際にはもっと役割があるようです。ガルーラで何とかなっていたのが救いでした。

 

第3位

ゲンシカイオーガ

天候の取り合いに負けた時の絶望感。1位と2位の補助による全抜き性能。一貫性を作ってしまったのが悪いですがパーティーにいるだけで嫌になります。

 

第2位

レパルダス

ガルーラより早くねこだましが打てるためアローが脱出していきます。いたずらごころによるサポートが強力でした。うかつにジオコンも積めません。

 

第一位

クレセリア

これほどクレセリアをむかつくと思ったことはありませんね。最近シングルでは起点になるとかで評価が下がりつつありますが、ダブルバトルのこいつは強いです。まずはトリックルーム。これにより最遅のゲンシグラードンやゲンシカイオーガが上から叩いてきます。追い風とは別の戦術ですね。そこから手助けでエースの火力をさらに上げます。そして最も嫌だったのがスキルスワップです。いつ打ってくるかタイミングがわからず、まんまとゲンシグラードンを交代出しのタイミングに合わされて天候を張りなおされ水技を通されて負けるのが定石となりました。このスキルスワップは色々なポケモンが使ってくるので頭に叩き込まなければいけませんね(ドーブルやゲンガーなど)

 

以上がJCS2016参加レポでした。読んでくださりありがとうございました。ランドロスを参加賞でもらえるのでうまうまですね。